2009年10月13日

2009年10月13日

日本古代;征服部族が作り上げた支配構造2

日本の皇統の歴史とその背後の支配勢力は、古代より、大王(おおきみ・天皇)の密命として蠢いていました。何時しかその歴史の中で、皇統より武力、観念力、技術力、資金力を持つようになり、大王を凌駕する経緯を未来狂冗談氏の「皇統と鵺の影人 第ニ巻」からおって見ました。このサイトを拝読して、冗談氏の切り口と独自の展開による説を展開していますので、とても面白いサイトであると思い、ご紹介します。第一巻に続き、かなり長編大作でした。その要約としてのポイントを以下にまとめてみましたので、サイトを一読されたし。
shinjukugyoen-kiku-14-ichimonjigiku-06-hatuyuki-01_9395.jpg %E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%AE%B6%E3%81%AE%E7%B4%8B%E7%AB%A0%EF%BC%88%E5%8D%81%E5%85%AD%E8%8F%8A%E8%8A%B1%E7%B4%8B%EF%BC%89.jpg %E5%BD%B9%E5%B0%8F%E8%A7%92%EF%BC%92.jpg
左から、一文字菊(天皇家紋章の元)・その紋章・役小角像
日本古代;征服部族が作り上げた支配構造もどうぞ。
応援クリックお願いします 。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 2310 : 2009年10月13日