2009年10月12日

2009年10月12日

「日本人は闘えるのか?」③~次代の実現基盤(「老舗企業大国」日本)

「日本人は闘えるのか?」②~日本人の特性(外国人から見た日本と日本人)
日本人は闘えるのか?シリーズも中盤にさしかかりました。前回は、日本人の意識構造について、活発なコメントも寄せられ白熱しました。今回は、日本の企業を通して可能性を探りたいと思います。
言うまでもなく、現代社会の企業の多くは市場原理に基づいた利益第一の集団です。そのような厳しい競争原理の中で、日本は、世界から比較して”老舗”と呼ばれる企業が数多く生き残っています。
老舗企業の技術革新・・・「老舗企業大国」日本(1/3) より(るいネット

■1.「老舗企業大国」日本■
 我が国は、世界で群を抜く「老舗企業大国」である。創業百年を超える老舗企業が、個人商店や小企業を含めると、10万社以上あると推定されている。その中には飛鳥時代、西暦578年に設立された創業1400年の建築会社「金剛組」だとか、創業1300年になろうかという北陸の旅館、1200年以上の京都の和菓子屋など、千年以上の老舗企業も少なくない。
 ヨーロッパには200年以上の会社のみ入会を許される「エノキアン協会」があるが、最古のメンバーは1369年に設立されたイタリアの金細工メーカーである。しかし、これよりも古い会社や店が、我が国には百社近くもある。…(中略)…
 さらに興味深いのは、百年以上の老舗企業10万社のうち、4万5千社ほどが製造業であり、その中には伝統的な工芸品分野ばかりでなく、携帯電話やコンピュータなどの情報技術分野や、バイオテクノロジーなど先端技術分野で活躍している企業も少なくないことだ。

Kongo.jpg
※金剛組
byさーね
コメント&応援よろしくお願いします
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 sawatan : 2009年10月12日