2009年7月2日

2009年07月02日

朝鮮半島史にみる中央集権体制の弱点~無能官僚の量産制度~

中国や日本と同様、朝鮮半島も唐や宋の律令を導入し、中央集権制度を敷いてきました。
その中央集権化の流れは、百済・高句麗・新羅とも5~6世紀にかけてはじまっていました。
しかし、中央集権体制を敷いて国を安定させようとすると、逆に国自体が滅ぶという結果になり、本格的な朝鮮半島における中央集権の確立は、高麗王朝、李氏朝鮮の誕生を待たなければなりません。
ではなぜ、朝鮮半島において、中央集権が中々確立できなかったのでしょうか?
今回は朝鮮半島の興亡史から見える、中央集権体制の弱点を見て行きたいと思います。
続きは、ポチッと押してからお願いします。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 jomon10 : 2009年07月02日