2007年9月14日

2007年09月14日

マヤの生贄~何のために行われたのか?

%28%EF%BE%8F%EF%BE%94%29%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%81%AE%E5%AE%AE%E6%AE%BF.jpg
「戦士の神殿。」ここで敵の捕虜の胸を裂き、心臓を太陽の神に捧げた。
(「神が舞い降りるマヤの都チチェン・イッツァ」よりお借りしました)
文明では「生贄(の儀式)」が「政」の中で非常に重要な位置を占めていたと言われています。インカでも、山の神に捧げられた少女のミイラなどが発見されていますが、マヤでは奴隷を生贄にしたという事例も多くインカとは少し違うような感じます。
現代人の感覚で生贄を理解するのは難しいかもしれません。残酷といってしまえばそれまでですが、そこは一歩踏みとどまって、マヤ人に少しでも同化し「生贄」という行為からマヤ文明の一端を読み解けたらと思います。
今回は、マヤ文明の生贄とはどういうものだったのかを探ります。
いつもの様に、応援お願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 saah : 2007年09月14日