2007年9月13日

2007年09月13日

マヤ文明って何?

アメリカには、15世紀にヨーロッパの貿易商人や侵略者がやってくるまで、ユーラシア大陸の文明とは別に進化した文明があります。
南米のインカだけでなく、中央アメリカにも広い地域を統合しピラミッドなどの遺跡を残したマヤ・アステカといった文明があり、これらは古代文明社会全体を俯瞰するためには注目すべき文明だと思います。
そこでインカに続いて「マヤ」を見ていきたいと思います。
というのは、アメリカの古代文明といっても地域と時代によってかなり違う様相を呈しており、それぞれの文明を掴む必要があるからです。例えば南米では、ナスカやワリといった地域の文明が興った後に14世紀にインカが南米東地域の全域を中央集権的に統合しますが、一方、中央アメリカのマヤやアステカはそうではありません。
 「マヤ」は、ジャングルに2000年間にわたって栄えた都市国家文明として有名ですが、一体どういう社会だったのでしょうか?  
なぜ、2000年間栄え、統一国家とならずに衰退したのでしょうか?
(都市国家と一言でいってもメソポタミヤのシュメールもあれば、日本の縄文や弥生、古墳時代もあります。)
 また、マヤには戦争や死を掛けたスポーツ関する多くの記録があるし、(アステカほどではないにせよ)生贄もかなり行われていました。戦いや死に対する意識はどのようなものだったのでしょうか?
いろんななんで?が出てきますが、
まずはマヤってどんなところ?
CASLL8L8.jpg
↑NHKさんから借用
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 nandeya : 2007年09月13日