2011年5月5日

2011年05月05日

中国とは何者か?~宗族と幇~

中国人の特徴として、『自己中心、ご都合主義、独善、責任転嫁、人間不信、土匪国家、危険な「友好」』などが挙げられている(るいネット「中国人の特色」①~③リンクリンクリンク
そしてそれらの特徴を解明する切り口のひとつとして『中国人は同族集団(身内)には寛容で、外部に対しては何でもあり』という甚だしい二重性があることが指摘されている。
それらの中国人の気質を形成してきた大きな要因は、中国特有の社会構造にある。今回のエントリーでは、中国固有の社会的結合と言われる、宗族(そうぞく)と幇(パン)という集団に焦点を当て、その中から中国特有の社会構造や意識構造を見ていきたい。
応援ありがとうございます。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 kitamura : 2011年05月05日