2011年2月1日

2011年02月01日

縄文探求シリーズ【縄文時代のまつり】 その充足パワーで超集団=社会を統合

:D くまなです
ooyu.bmp
大湯環状列石
 
・「祭り」ということばには、踊ったり騒いだりすることのほかに、神・精霊を祀る、マツリゴトをする、さらには男女が交わるという意味もあります。縄文時代の祭りとは、それらを包摂したまつりの起源ともいうべきものです。縄文人は何のために、どんなまつりをしていたのでしょうか?
 
・単一集団で暮らしていた当初段階と、人口が増加し集団が拡大・分化していく中期以降では、まつりの意味も様相も大きく変わっていきます。その様子を追っていきます。
 
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ
 

(さらに…)

投稿者 kumana : 2011年02月01日