2010年4月7日

2010年04月07日

幕藩体制→参勤交代制が可能にした江戸時代の経済発展

「ポスト近代市場の可能性を日本史に探る」シリーズも11回目を迎えました。
中央集権体制から法体験体制への移行期=中世を経て、江戸時代の幕藩体制が確立します。
徳川幕府が築き上げた幕藩体制は、「地方分権」と「中央集権」を兼ね備えた優れた統治システムでした。幕藩体制は江戸250年の安定と平和をもたらしただけでなく、鎖国体制下での経済発展を成し遂げる基盤となりました。
鎌倉時代の封建体制→戦乱→江戸時代の幕藩体制へと移行して行ったのは、なぜなのか?
江戸時代の経済発展は、なぜ可能だったのか?

(さらに…)

投稿者 staff : 2010年04月07日