2010年3月11日

2010年03月11日

宮廷サロンをつくった商人とそれを支えた受領

「ポスト近代市場の可能性を日本史に探る」シリーズ7回目です。今回は、平安時代、宮廷サロンの背後構造に迫ります。
前期平安京の人口は、貴族・官人約1万2000人、職人が1万5000人、一般市民9万人と算出され、これに実数不明確な奴婢などを加えると、合計12万人前後~13万人だと推定されています。米・塩・布などの生活必需品を商う官営市場以外に、武具や錦を扱う民間の市場が現れ、平安中期には、現在も地元のひとや観光客でにぎわう「錦小路市場」の原型が登場。894年に遣唐使が廃止され、「主体的外交」として国を閉ざした日本は、外圧を憂う必要もなく、京の都は、活気をきわめます。
一方、中国の東北部、朝鮮半島よりさらに北の旧満州国のあたりに建国された渤海国は、当時、隣国の新羅とは緊張関係にあり、それだけに大唐国や日本との外交を積極的に展開することで、文化的な国家を維持しようとしていました。渤海国からの使節の来訪は、727年~919年まで、34回にも及んでいます。
        %25E6%25BA%2590%25E6%25B0%258F%25E7%2589%25A9%25E8%25AA%259E.jpg
                                    「源氏物語絵巻」柏木二 徳川美術館蔵
「源氏物語」の冒頭は、それが書かれた一条朝より約百年前(900年前後)に時代設定した作品といわれていますが、その当時の交易事情を意識してか、「唐物(からもの)」とよばれる舶来品が多く登場しています。「唐物」とは、中国に限らず朝鮮(渤海国を含む)からの輸入品全般をさす言葉。具体的には、沈香・麝香をはじめとする香料、白檀・紫檀などの木材、蘇芳・丁子といった染料、銅黄・紺青といった顔料、綾や錦といった衣料、瑠璃壺や呉竹。
物語では、「唐物」をいかに多く所有しているかが、権力や文化的性の問題と密接にかかわってきます。特に第一部では、最も価値ある唐物は、光源氏が財力ではなく、その才能と魅力によって獲得したという描かれ方がなされることが多く、光源氏を箔づけようとしている。唐物の質と量は、光源氏の魅力と権力の「喩」として機能しているのです。
源氏物語から100年下った、1000年前後の摂関期貴族社会においても中国文化、唐物への憧憬、需要はきわめて高かったといえます。
ところが当時はすでに建前は鎖国。そこで形式的に登場するのが「宋人定」です。
※宋人定とは・・・宋商人が九州沿岸に来着すると、大宰府が検査を行なう。その内容を見て中央政府が帰化か、追い返すかを裁定する。帰化、交易が許可されると、まず中央から唐物使が派遣され、民間にさきがけて、商客の持ってきたすべての物品を一時的に差し押さえ、朝廷が必要な物品を確保して京へ進上する。残りが民間取引に委ねられた。
貴族たちは独自のルートで唐物を入手しましたが、形の上では、天皇=国家による買い上げが中心。貿易統制の場として、大宰府とその長官は実質的に大きな機能を果たすことになります。 国は閉ざした、にもかかわらず国をあげて私的交易を支援した。ここに、公然と認められた市場の抜け道がつくられます。
平安の中央貴族が、これらの貴重品・ぜいたく品を望んだのは、外圧のない成熟社会の必然構造ともいえますが、より実体的には、自分の娘を少しでも上の貴族(その最高位は天皇)に嫁がせるためには、十二単で着飾らせ、唐物を持たせ、清少納言や紫式部のような優秀な女官を身の回りに置く必要があった、ということでしょう。つまり、男をひきつけるため、挑発するためには性の幻想価値を演出する必要があった。逆に言えば、そこまでの資力がなければ中枢貴族として君臨できなかった、ということです。
では、その実現基盤=お金の出処はどこでしょうか?
後半に入る前に、応援、よろしくお願いします。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 urara : 2010年03月11日