2010年3月3日

2010年03月03日

日本古代市場の魁=修験道ネットワーク

tanoさんから「縄文ネットワークが古代市場の基盤をなすのでは」という視点が提起されました。他方で、ないとうさんからは「神道ネットワークを基盤とした徴税ネットワーク」が古代市場の基盤とする論考が提起されています。
「海洋民=縄文ネットワーク」「神道=徴税ネットワーク」「古代市場」・・・この3つはどのようにつながっているのでしょうか?
この3つの結節点こそ、「没落貴族と反体制海洋民による秘密政治結社=修験道ネットワーク」ではないでしょうか。今日は、「修験道ネットワークこそ、日本の古代市場の魁」という仮説を考えて見たいと思います。
gyoja.jpg
↑今回参考とした「役行者―修験道と海人と黄金伝説」前田良一著
日本経済新聞社 刊 ※オススメです

(さらに…)

投稿者 staff : 2010年03月03日