2010年2月7日

2010年02月07日

心理を理解した上で…

初めて投稿させていただきます。よろしくお願いします。
多くの歴史研究家の文献を見ると、どうしても個々の心理にせまっているとは思えないんですよ…
これって、探るのは無理があるのかも知れないけれど、社会のあり方が現代よりもずっとシンプルで、
情報が正確に伝達しにくい時代に、王権をめぐる周辺の人々のものの考え方って、真実を知る上で重要なんじゃないかと、ずっと思ってました。
原始宗教、道教、儒教、仏教…どんなふうに人々は摂取して、それを反映させていたのだろう…
恐らくこの時代、家族の繋がりよりも、個を重視したような感想をわたしは持っているんです。
自由で、わがままで、おもしろい位大胆で…
それが王権の移行にも反映されているのではないか…
そこのところ、勉強したいな~ ♪           milktea でした
応援おねがいしまーす。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

投稿者 milktea : 2010年02月07日