2008年7月2日

2008年07月02日

日本の私権制は、弥生後期の北方民族の襲来によって確立された!

これまでの流れを整理すると、
①最初に日本に渡来したのは大陸の騒乱を逃れてきた江南人である可能性が高い。
②その当時、戦闘が行なわれた形跡はない。また、江南人は稲作の技術を持っていたので、寧ろ、高い技術力を持って縄文人を指導し、融合したのではないか。
③それら南方系の渡来人の高い技術力に加え、組織力が縄文集落を拡大し、拡大した集団どうしが勢力争いをする中で、勝った方が服属関係を強めていった。

しかし、ここまでは日本全国を統一するほどの巨大な勢力にはなっていない。
では、日本の私権制は、どのようにして確立されていったのか?
るいネット「日本に私権制と私有婚をもたらした北方遊牧民」に興味深い記事がありましたので引用させて頂きます。
この先読みたいっと思った方は、ポチッとお願いします!
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 simasan : 2008年07月02日