2007年6月29日

2007年06月29日

最古の戦争犠牲者は縄文人だった

:D くまなです
前回、最古の戦争犠牲者の紹介をしました。今回は、それが縄文人だった、という話しです。

この熟年男性は、骨をみると、列島の土着の、いわゆる「縄文人」の体つきをしている。おまけに、歯には、縄文時代以来の古い因習である抜歯のあとがうかがえるという。

「縄文人の体つき」というのは、いわゆる低顔、低身長のことです。
抜歯については、縄文晩期には「叉状研歯」なるものも出現しています。これについてはbunchanの叉状研歯(しゃじょうけんし)って!?」をご覧ください。

身も心も縄文人のようにみえる男性に突きささった朝鮮系の武器。渡来人が、武器を振りかざして縄文人にせまる状況が目にうかぶようだ。事実、そういう場面もあったにちがいない。

さらに、この男性が埋葬されていた墓は…
続きのまえに、 ポチっと応援よろしくお願いします。
Blog Rankingにほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 kumana : 2007年06月29日