2007年6月2日

2007年06月02日

古代中国:母系氏族共同体の特徴

前回から、更に遡ってみました。古代中国では、原始的な群居と血縁家族の社会から、約8000~6000年前に母系氏族社会 に移行しています。この母系氏族共同体とは、どんな社会だったのでしょうか?
(「図説中国文明史1先史文明への胎動」より)
xian894.jpg
写真は、「邪馬台国大研究ホームページ / 遙かなる西安」から拝借した、半波遺跡の集落復元模型です。この頃の環濠は、獣よけの機能が中心だった様です。
縄文時代と同時期の中国が、どんなだったかを比較してみるのも、おもしろいですね。
まずは、ぽちっとどうぞ。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 maeyan : 2007年06月02日  

2007年06月02日

ブログ「日本史探求」を応援します。

先日、人気ブログランキングの歴史ブログを見ていたところ、面白いブログを見つけました。
「日本史探求」というブログです。
プロフィールに書かれていた主旨の紹介文です。
この国のかたちを知るには古より伝わる先人たちの功績を知ること。そして文化を知ること。我が国の歩みを誇り思えてこそ真の「愛国心」が芽生える。~日本史探求
ついでに当ブログの紹介文も併せて掲載します。
>いったい、人類はどこで道を誤ったのか?人類は今、自らが築いてきた全文明の見直しを迫られている。~縄文と古代文明を探求しよう
このブログは弥生時代から近代までの日本史のエピソードを著者の見識も交えて紹介しておられます。当ブログが古墳時代以前を扱っていますので「日本史探求」に飛べば縄文から江戸時代までの日本の歴史は俯瞰できる事になります。勝手ですが姉妹ブログとして提携させていただければと思っています。(ちょっとリンクの張り方を忘れたので後日当ブログのリンクへ貼らせていただきます)3年前から始めておられるので2歳お兄さんにあたります。 :wink:
カテゴリーも時代区分に分けられていて見やすいです。
最近、当ブログでも話題になった渡来人と稲作についても紹介されています。
>縄文時代は「原始共産主義」と呼ばれるほど共同生活の中で共助共援の営みを送っていた。三内丸山の集落跡から考えられるように、数百年も争うことなくそこに置かれた施設、そして実った作物を共有していたことも発掘の結果分かってきている。
こうして縄文時代には共助共援により数百人単位で安定した生活を送っていた原始日本人(縄文人)であるが、なぜ身分の差が生まれ争うようになったのか?今回はこの疑問について検証していこうと思う。続く リンク
※この記事には私めがコメントさせていただきました。 8)
日本史探求さんはまだランキングが40位台ですのでみんなで訪問してランキングを上げていきましょう。
さぁ、6月です。さらに熱く縄文ー古代を探求していきます!TANOより
クリックだけはお願い!
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

投稿者 tano : 2007年06月02日