2011年12月17日

2011年12月17日

「支配者から見た属国意識」~4.支配者が作り出した天皇主義1

%E5%8D%81%E5%85%AD%E5%BC%81%E5%85%AB%E9%87%8D%E8%A1%A8%E8%8F%8A%E7%B4%8B.png 20110514_1985091.jpg %E5%A4%A9%E7%85%A7%E5%A4%A7%E5%BE%A1%E7%A5%9E%E3%82%92%E7%A5%80%E3%82%8B%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E3%81%AE%E5%AE%87%E6%B2%BB%E6%A9%8B%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%B3%A5%E5%B1%85%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%81%E5%86%AC%E8%87%B3%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%AB%E6%98%87%E3%82%8B%E5%A4%AA%E9%99%BD.jpg
 十六弁八重表菊紋  古代朝鮮半島勢力図  伊勢神宮宇治橋大鳥居
天皇主義を解明する目的は、【日本人はいつモノを考え始めるのか】という課題の答えを導く為であります。それは、社会のことを考えない=捨象している意識の根底には、私たちの「お上捨象意識」が存在し、お上捨象意識の根底には、縄文から弥生人に引き継がれた受け入れ体質と中国や朝鮮半島や騎馬民族が列島に持ち込んだ力の序列意識下の属国意識があります。縄文・弥生人のもつ受け入れ体質と渡来民からの属国意識が作り出す先端の統合観念が【天皇制】です。社会を正面から直視する=社会を考え始めるということは、このお上意識から抜け出すことです。
※この問題意識は、『なぜ、属国意識を解明していく必要が在るのか?~次代は庶民の変化にかかっている』参照下さい
1600年前、列島に支配目的で渡来した彼らは半島での属国意識(屈属意識)をどのような形で列島に持ち込んで来たのか?また、時間の経過とともに、それらの意識が、日本でどのように変わっていき、お上意識を生み出し、さらに、天皇制を作り出すことになったのか?を押えていきたいと思います。
いままでの記事の紹介です。

シリーズ「日本人はいつモノを考え始めるのか」~プロローグ
Ⅰ弥生時代の解明
1)弥生時代の解明1~倭人は、なぜ縄文人に受け入れられたのか?
2)弥生時代の解明2~倭人は、どのように縄文人と融合していったか? 
Ⅱ属国意識とお上意識の史的解明
Ⅱ-1)支配者から見た属国意識
1)「支配者から見た属国意識」~1.朝鮮支配者は日本に来てなぜ変化したか?
2)「支配者から見た属国意識」~2.朝鮮支配者が来る前夜の状況
3)「支配者から見た属国意識」~3.支配者層はなぜ庶民に配慮したのか?

いつも読んでいただき、ありがとうございます。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 2310 : 2011年12月17日