2011年6月17日

2011年06月17日

緊急企画 「東日本大震災は日本人に何を覚醒させるのか!」 第10回.原発事故が見せたもの

東日本における巨大地震・津波の発生とその後の原発事故・放射能汚染は、日本に大きな傷跡を残しました。
 地震や津波などの自然災害は、原始以来何回も繰り返し襲ってきて、日本人の性質の形成にも大きな影響を与えていると思われます。
 原発事故は、日本の統合階級の無能さを世界にさらけ出すと共に、首都圏を含む東日本の多くの地域が放射能汚染に襲われるという未曾有の事態になりました。そもそも原子力発電を作ったのは人間です。つきつめれば原発事故は人災ということです。地震は現在人間では止めることはできませんが、原発はみんなで止めると決めれば止めることができるのです。原発は観念の産物で、人では止められない天災とは異なったものです。
 
 この観念の産物である原子力の災害から日本人にどのような覚醒を期待または起こさせるか、考えてみたいと思います。
◆今までの記事はこちらです。
緊急企画 「東日本大震災は日本人に何を覚醒させるのか!」
プロローグ
第1回 日本人の縄文体質~有事に現れるその共同性と本源性
第2回 海外から見た日本人の共同性
第3回 地震・災害大国日本の歴史-1
第4回 地震・災害大国日本の歴史-2
第5回 地震・災害大国日本の歴史-3
第6回 地震・災害大国日本の歴史-4
第7回 地震・災害は日本人の性格をどのようにかたちづくってきたか?①
第8回 地震・災害は日本人の性格をどのようにかたちづくってきたか?②
第9回 日本の再生力はどれだけあるのか?
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ 応援よろしくお願いいたします。
20110511085259.jpg
写真はここからお借りしました。
 

(さらに…)

投稿者 norio : 2011年06月17日