2010年5月18日

2010年05月18日

シリーズ:『イスラムを探る』第3回【ムハンマド登場と急拡大したイスラム教】

こんにちは
ムハンマドがアッラーの啓示を受けてから、約20年後にはアラビア半島をほぼ統一しイスラム共同体を作り上げている。
こんな短期間に統合国家を実現するのは驚異の沙汰。
しかも、ムハンマドの死後、内部対立がありながらも、その統合中心であるイスラム教は現在まで厳然と生き続けている。
如何にして実現したのか、追ってみたい。
570年頃 ムハンマド(マホメット)が生まれる
610年頃 ムハンマド、神(アッラー)の啓示を受ける
622年  ヒジュラ(聖遷)イスラム紀元
630年  ムハンマド、メッカを征服(→アラビア半島統一)
632年  ムハンマド死去。正統カリフ時代始まる
642年  イスラム帝国がササン朝ペルシア軍を撃破(ササン朝は651年滅亡)
650年頃 コーラン(クルアーン)の成立
661年  ウマイヤ朝成立(~750年) →スンニ派とシーア派に分裂
711年  西ゴート王国を滅ぼし、イベリア半島を支配
750年  アッバース朝が成立(~1258年)
いつものように応援クリックお願いします
Blog Ranking  にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 nishipa : 2010年05月18日