2010年5月12日

2010年05月12日

シリーズ:『イスラムを探る』第2回 イスラム教誕生前夜の状況

シリーズ:『イスラムを探る』第2回 イスラム教誕生前夜の状況


612px-Mecca%252C_Saudi_Arabia_locator_map.png
  image044.jpg

イスラムの世界を知るには、アラビア半島の自然環境やイスラム以前のジャーヒリーヤ時代の歴史を紐解く必要があります。ジャーヒリーヤ時代の詳細は後日、詳細分析をしたいですが、なんせ、資料が少ないこともあり、今回は、簡単にご紹介いたします。(この時代は、『頑固猫の小さな書斎イスラーム前史:古代アラビア史1~4』が詳しいです。)イスラム教誕生前夜の状況は、紀元前から厳しい環境の中でも安定して暮らしていた遊牧民の歴史と伝統のなかで育まれた日常や規範が、急速な市場拡大により、崩壊の危機にさらされた背景があると思われます。社会統合・国家統合という観念のない(=武力支配国家の成立していない)彼らにとっては、それは大きな脅威であったと思われます。イスラム教は、それらとどう折り合いをつけるかを考え誕生したように思えます。そう考えると、過酷な環境を生き抜いてきた遊牧民も、イスラム前夜の時代は、人間本来の本源性を有しているとも見られ、この状況を正確に押えることで、全世界で11億人信徒を抱えるイスラムの可能性を探って見ます。
その前にクリッ応援お願いします。 :D :D :D
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 2310 : 2010年05月12日