2009年9月21日

2009年09月21日

中国に世界が侵入した時代:モンゴル帝国(元)

中国の歴史で転換点かもしれない。と感じたのがモンゴル帝国⇒元の時代。ヨーロッパやイスラムがアジアと繋がった時代だ。
世界史を動かしたアジアや中近東の民族(モンゴルとイスラム帝国)
→(ヨーロッパは)『世界史を動かしたアジアや中近東の民族』に太刀打ちできないから、略奪・奪還する。
⇒それくらい、モンゴル帝国の成立は世界史に影響を与えたということ。
その強大な力を誇ったモンゴル帝国を紹介します。

モンゴル帝国は、チンギス・ハンによって統一された中央アジアの遊牧民が、中華帝国、イスラム帝国、キエフ公国という農耕世界を征服することで形成された。
モンゴル帝国は、東・西世界を統合し、ユーラシアの大部分を支配した点で、「世界史」の起点となる大帝国であった。当時(13世紀初め)の中華帝国(南宋)は、北半部を金に征服されており、イスラム帝国(アッバース朝)も地方政権の分立により名目的な存在にすぎず、ともに衰弱していた。モンゴル人は大商圏の統合を求めるイスラム商人の助けを借りて、東西の大農耕地帯を征服・支配したのである。
(早わかり世界史 宮崎正勝著 日本実業出版社より)

img-917220927.jpg
◇ユーラシアを制したモンゴルの大帝国◇
(早わかり世界史 宮崎正勝著 日本実業出版社より)
byさーね
応援よろしくです!!
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ
参考サイト⇒詳しくは以下のサイトを読んでみてください!
歴史研究所 中国史
第14回 モンゴル帝国
第15回 元の中国支配
第16回 モンゴル・元代の文化
参考図書
早わかり世界史 宮崎正勝著 日本実業出版社

(さらに…)

投稿者 sawatan : 2009年09月21日  

2009年09月21日

中国人の民族性①

●隣国中国の経済的発展・軍事的膨張が急激な勢いで進行しています(映像
%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E5%8A%9B%E2%91%A0.jpg%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E5%8A%9B%E2%91%A2.jpg
太古より日本とは切っても切れない関係を保ってきた「近くて遠い国」中国は、現在一党独裁下での「赤い資本主義」というなんだか良く分らない国として現出しています。しかし隣りの大国として、今後否応無く相互の関係が深くならざるを得ない以上、無闇な警戒心を抱くことなく彼の国の歴史や民族性を客観的に理解しておく必要があります。
そこで、これから2回に分けて中国人の民族性と中国人社会理解に不可欠な秘密結社とについて報告します。クリックもお願いします。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 ryujin : 2009年09月21日