2009年9月13日

2009年09月13日

国家と中央の寺社・貴族による取引関係=『初期荘園』

こんにちは、みっちーです☆
日本の律令制を考えていく上で、土地制度は欠かすことの出来ない視点です。(奈良・平安時代の律令制については、↓年表がまとまっていてオススメです。)

引用:浦崎太郎のウェブブログ
この中でも特に人身課税から土地課税への移行は、
徴税システムの大きな転換点となっていると考えられます。
今回はこの人身課税から土地課税への導入の契機ともなった
『荘園』について追求していきたいと思います。

ポチっとよろしくお願いします。Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 staff : 2009年09月13日