2009年9月12日

2009年09月12日

誓約(うけい)

日本人の本源性はどうして培ってきたのでしょうか。2000年におよぶ性生活のありかたと闘ったあとの和合の方法にヒントがいくつかあるようです。
日本の村落では、「夜這(よば)い制度」や「寝宿(ねやど)制度」、「お祭り」などが発達し、独特な村落集団婚で全村で身内気分となる精神に拠る集団社会を実現して、老人も子供も女性も村のみんなで面倒を見るというルールだったのです。
 性行為は自分もうれしくなり、相手にも喜んでもらえるもので、人間誰しも、喜びを与えてくれる相手には優しく成れ、信じられるものです。和解の性交(和合)は争いから信頼に変える手段で、それが日本に古くから伝わる「誓約(うけい)」の根本精神です。
 
 また性交は異部族を一つの群れに和合させるものであったようでした。性交を伴う忠誠のあかしとして誓約が行なわれていました。
この誓約(うけい)の概念が、実は二千年の永きに渡って日本の民の精神形成に大きな影響を与えて行ったということです。
今回はこの「誓約(うけい)」について研究しましょう。
ポチっとよろしくお願いします。Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ
onda141%5B1%5D.jpg

(さらに…)

投稿者 norio : 2009年09月12日