2008年6月3日

2008年06月03日

マヤ文明の婚姻制度

マヤ文明も、他の4大文明と同じく父系と嫁取り婚であった。
しかし、かなり緩い父系制度の様である。
マヤの場合、強力な支配者が現れてその全域を掌握し、単独支配するのでなく、紀元300年から900年の間各地にそれぞれの王を頂点とする「約40の王朝」が興り、それぞれは、互いに交易や戦争などの接触を保ちつつ推移した事が解っている。王朝間は同盟や敵対、服属などの複雑な関係によって結ばれていた。その中には、ティカルやカラクルムのように属国を従える大国があった。
%E3%83%9E%E3%83%A4%E3%81%AE%E5%AE%AE%E5%BB%B7.jpg
『マヤの宮廷写真』ナショナルジオグラフィック様よりお借りしました。

http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/magazine/0708/feature01/gallery/22.shtml

Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 ryou : 2008年06月03日