2008年1月24日

2008年01月24日

縄文土器・模様の意味は!?

                  %E7%B8%84%E6%96%87%E5%9C%9F%E5%99%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%81.bmp
 様々な模様が象徴的で有名な縄文土器。 縄紋土器の縄の模様で一般的に知られているのが単純に縄を撚っただけ、節が一つの「単節縄文」と言います。「複節」、「複々節」さらに、縄の真ん中を縛り、転がすと羽のような模様になる「羽状縄文」。また、棒状のものに巻きつけて転がして模様をつけたものがあるそうです。
 余談ですが、縄にも右巻きと左巻きがあって、作った人の癖と言うか、古代の人が右利きか左利きどちらが多かったか分かるかもしれないですね。
 模様をつける縄にも様々ありますが、模様の意味には色々な説があるようです。興味深いので少し調べてみましたので事例を挙げたいと思います !
応援お願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 dai1028 : 2008年01月24日