| メイン |

2008年01月05日

184年黄巾の乱後、中国人口の9割が死滅し、華北の人種が入れ替わった

 黄巾の乱は後漢の終わりごろ184年、道教の流れを汲む太平道の教祖張角が起こした農民反乱。目印として黄巾と呼ばれる黄色い頭巾を頭に巻いた事から、この名称がついた。
314NKFJ8XSL__SS500_.jpg

 にほんブログ村 歴史ブログへ


『中国文明の歴史』   岡田英弘氏 より
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 184年の黄巾の乱とともに、秦の始皇帝の統一で始まった前期が終わって、後期がはじまる。後期の特徴は、古い漢族の事実上の絶滅と、北アジアからの新しい血液の流入による、新しい漢族の成長である。
 黄巾の乱の後、中国の人口は極端に少なくなった。ことに華北の平野部ははなはだしく、千里、人煙を絶ち、白骨が草木の生い茂った下に散らばるというありさまであったという。
(中略)
 その後おこった「五胡十六国」の乱は、内地に移住させられていた遊牧民が、われもわれもと反乱を起こして、それぞれ王国を建てたものであるが、ようやく439年になって、鮮卑の拓跋氏族が北魏が華北を統一して、「南北朝」時代が始まる。この百三十五年間に、華北の中原の地は、まったく遊牧民の天下になってしまった。わずかに生き残った漢人は、長江の南の非漢人地帯に避難し、武漢を中心とする長江中流域と、南京を中心とする長江下流域に集結して、南朝と呼ばれる亡命政権を作った。
(中略)
 黄巾の乱からの四百年間に目立った現象は、中国人と中国語の変質である。すでに述べたように、黄巾の乱に際して中国の人口は十分の一以下に激減し、しかもその減少の大部分は、これまで中国の都市文明の中心であった華北の平野部でおこった。それに続いておこった五胡の移住と、五胡十六国の乱、南北朝の時代を通じて、華北の支配者がすべてアルタイ系、もしくはチベット系の種族であったことから、漢語を話す人びとも、もはや漢族ではなく、しかもその話す漢語もそれまでの、秦・漢時代までの言語と同じではなくなった。
(中略)
 つまり南北朝時代の、ことに華北の中国語は、お互いに出身を異にする北アジア系の種族が、共通のコミュニケーションの手段として採用した、大いに訛りの強い漢語だったのである。このことは、かっての漢語が、これまた四夷の相互のコミュニケーションのためのピジンであったことの繰り返しである。ただし違いは、昔に成立した「雅言」はタイ系の夏人の言語を基層にしたものであったが、今度の新しい漢語は、アルタイ系の言語の音韻を基層にしている点である。つまり中国のアルタイ化であった。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)
 黄巾の乱以後、中国は三国志の時代を経て、南北朝時代、その後ようやく、隋によって統一(589年)される。
 岡田氏は、それまでの漢族は絶滅したと述べているが、華北でそうであったかもしれないが、岡田氏も述べているように、華南では根強く残っていた。それが南北朝の亡命政権だろう。
(しかし岡田氏が絶滅というものだから、ネット上でも“それまでの漢民族が絶滅した”という話が一人歩きしている感がある。ネット上で反中国感情と結びついている。この辺は十分事実を押さえる必要があるだろう。)
 ただ、華北をほとんど北方からの遊牧民が占めたということは言えと思う。様々な遊牧民が華北に侵入し住み着いた。これらの雑多な種族からなる遊牧民もまた、中国の様式(漢字を使う)に同化することで、漢民族化していったのだ。
※以後基本的に、中国の北半分は極めて遊牧的要素が強くなり、国家の統合も彼らの方法論が強まるように見える。ただし、民族同化は漢字というコミュニケーション手段に拠っている。
※おそらく日本の東日本・西日本のように、中国もかなり南北の民族性や気質の違いがありそうですね。
(by Hiroshi)

投稿者 ihiro : 2008年01月05日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2008/01/416.html/trackback

コメント

自部族を正当化するような神様を祀っていたのはおもしろいですね。
アステカでは、自己正当化を図るような神様がなぜ必要だったのでしょうか?
ケンカに勝つには、オレが強いんだという観念が必要だという事?

投稿者 Quetzalcoatl : 2008年2月7日 23:36

コメントしてください

*