| メイン |

2008年01月01日

縄文暦14000年!? 縄文ー古代ブログへの期待

新年あけましておめでとうございます!
今年は西暦2008年。“縄文暦”というのがあるとするとおおよそ1万4000年くらいでしょうか?日本は欧米や中華文明に比べても断トツで長い歴史を紡いできたとも言えます。
yakushima_10.jpg

 にほんブログ村 歴史ブログへ


西欧は、4~5千年前の掠奪闘争や戦争でそれまでの本源的な社会は末端まで根こそぎ解体させられ、武力統合の“文明”社会になりそこを起点に、私権社会の主流を築いてきた。
日本は、2千年前頃、武力統合になったが、末端の集団まで解体されずに残っていった。
最近江戸時代の社会の仕組みに注目していますが、村々の自治の仕組み、近代を凌駕する流通システム、循環的な農法、みんなで行う子育て・教育、ものづくり社会で常に供給過剰。・・・・・などなど、これらは縄文人から脈々と引き継がれている伝統に違いないと確信しています。
さいきん「るいネット」でも外国人から見た昔の日本人への驚きの投稿がよく出ています。
外国人から見た日本と日本人(1/2 日常編)
外国人から見た日本と日本人(2/2 戦争編)
>この記事で紹介されている外国人の文章を見ると、現代に生きる我々日本人がついつい忘れている、しかし、絶対に潜在思念に刻み込まれている縄文的「感覚」や「想い」が浮かんでくるように感じる。
>私権原理から共認原理へ大きく時代が動いている今、この縄文体質の再生つまり「自分からみんなへ」⇒「共同体の再生」「共認統合の社会の実現」が人類的期待であるのだと思う。

venus41.jpg  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新年早々ですが、はっきり言って今の日本の社会はガタガタ。ガタガタの日本をどうするのか?どうしたらいいのか?みんなの潜在的な期待が高まっている。
このガタガタを招いている大きな原因はもうはっきりしている。
近代観念 →あたまの中の観念の問題
簡単に言えば、個人主義や自由。それにもとづいた制度。それを振りまく学者やマスコミ、学校
これらの観念が邪魔しなければ、日本人は江戸時代のように縄文体質からみんなで解決する方法を探っていったのではないかと思う。
これらの観念を塗り替えるためにも、事実解明・歴史解明が不可欠なのだと思います。
みんなで事実追求。そしてその事実や追求過程を発信すること!
ということで西暦2008年!縄文暦14000年!は、さらなる事実追求へはいりたいです。
☆縄文のさらなる解明へ
・縄文人に、さらに肉薄したい。もっと生々しく縄文時代の生活とか考えとか。・・・・・・潜在思念に刻み込まれている縄文的「感覚」や「想い」を鮮明にして。
・それに江戸や現代も含む日本史全般における縄文体質も含めていいと思います。
☆世界の文明の本質を探る
・特に中国の本質とは?中国は、超デカイ国で経済成長真っ盛り。近年いきなり存在感が増してきている。彼らの本質を探り、つきあっていくためにも歴史的な追及は欠かせない。中国ビジネスに必須のブログになったら面白いですね。
・同様に、西欧、アメリカ、の歴史構造。彼らの文明は、現在の市場構造に直結している。マネー経済化した現在の社会は、彼らが導きだした。その市場のルーツ・仕組みも追求したい。特に市場を導いてきた、メソポタミア→フェニキアやユダヤ、海賊達の行動をリアルに。
・他に、世界各地の文明の有りよう。アンデスのミイラ文明に見られる独自性や、統合様式の面白さ。
☆邪魔をしている観念の明確化
とくに歴史における近代ヨーロッパ製の捏造・プロパガンダは一つ一つつぶしておきたいですね。事実をはっきりさせていきましょう。最近CO2温暖化説もプロパガンダ攻勢が激しいですが、彼らの歴史捏造も激しい。ここは是非白黒はっきりさせる必要があります(かなり黒い)。
では、今年もさらなる事実追及へ!盛り上げていきましょう。

投稿者 ihiro : 2008年01月01日 List  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.joumon.jp.net/blog/2008/01/412.html/trackback

コメントしてください

*