2015年2月17日

2015年02月17日

大共同体「東南アジア」を支えるシステム~タイ・クーデターは共認統合の要か?

●クーデターが頻発するタイ

タイは比較的頻繁にクーデターが起こる。以下、2014年のクーデターに関する5月22日産経新聞の記事です。閣僚の拘束や連行、憲法停止など、武力で権力を制圧した、ものものしい、緊迫した空気が伝わってきます。

タイ全土に戒厳令を布告していた陸軍のプラユット司令官は22日、地元テレビで演説し、秩序の回復に向けてタイ陸、海、空軍、警察が「国家平和維持評議会」を組織して全権を掌握したと発表し、軍事クーデターを宣言した。

チャイカセーム法相ら閣僚を拘束、反政府派を主導するステープ元副首相やアピシット元首相も連行されたもようだ。インラック前首相の所在は不明。

軍は王室に関する条項など一部を除いて憲法を停止し、全土に夜間外出禁止令を発令、全閣僚に22日中に首都バンコクに集まるよう指示した。タイでのクーデターは、タクシン政権当時の2006年9月以来となる。

穏やかな民族性を持つと思われた、タイを含めた東南アジアの人々だが、このような事態が頻発するということは、表面的には分からない、「怖い」側面を持っているということなのだろうか。

1

(さらに…)

投稿者 tanog : 2015年02月17日