2015年2月24日

2015年02月24日

大共同体「東南アジア」を支えるシステム~穏やかな民族性の中に(海洋探索→)闘争の遺伝子を伝えるO1系統民族(フィリピン、マレーシア)

●米軍基地を追い出したフィリピン

今回シリーズでまだ登場していなかったフィリピンから始めます。次に登場するマレーシアと合わせて、意外な共通の民族的的気質を持っていると感じます。

フィリピンの民族性は、あまりに日本人知られていませんが、やはり漠然と南国の穏やかの気質と考えられているでしょうか。歴史の中で、世界1周を目指したスペインのマゼランがフィリピンで戦死した話、かつては首狩族がいたという、少し怖い話などもありますが、それは随分前の話だろうといった感じでしょうか。

ただ、やはり、現代につながる攻撃的、闘争的な気質もやはり持っているようです。フィリピンは反米感情が非常に強く(19世紀末からアメリカの植民地だった)1991年に米軍基地を追いだすことに成功しています。日本で米軍基地を実際追い出すことをイメージして見れば、フィリピンでの反米感情に強さを推し量ることができます。(もちろん、お金がかかる、火山の噴火があって大変だったとかいった要因はあったようだが)。穏やかな南方民族というのは、少し違うなという感じがしますがどうでしょう。

無題1

(さらに…)

投稿者 tanog : 2015年02月24日