2013年1月3日

2013年01月03日

◆新春企画「象徴の蛇・隠喩の蛇」 ~1章 日本の蛇信仰を探る

%E5%B7%B3%E5%B9%B4.jpg
みなさん、新年あけましておめでとうございます
おせち料理を食べたり、こたつに入ってみかんを食べたり、初詣に行ったり、親戚や友達に会ったり。お正月ってほんといいですよね。
さて今年は、『巳年』です。私は『巳(蛇)』ってちょっと苦手 って方、結構多いのでは?
今回はいつも素敵で奥深い文章を書いてくださる、白井さんより『巳年』にちなんだ新春企画をお届けします。みなさん『巳(蛇)』に対する印象が180°変わっちゃいますよ
それではお楽しみください。

「象徴の蛇・隠喩の蛇」 ~1章 日本の蛇信仰を探る
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
2013年.今年は巳年です。“へび”について考えるには良い機会ですね。
これから、「へび調査隊」のわたくし(隊員名:ハミハミ王子)が皆さんを「へび学」にご案内します。「へび調査隊」とは世の中の名称・地名・図像・考古遺物などから“へび”を見つける巳右衛門隊長を中心とした集まりです。
蛇の目って何ぞや?へび調査隊が行く
嫌われている“へび”ですが人類が産み出した文化を見渡すと重要な扱いをされていることがわかってきます。その中でも日本ではどのように扱われてきたか、吉野裕子著「蛇 日本の蛇信仰」から紹介します。
%E8%9B%87%E3%80%80%E6%9C%AC.jpg

(さらに…)

投稿者 shinichiro : 2013年01月03日