2011年4月4日

2011年04月04日

「人類の部族移動」1,2,3の中間整理

「シリーズ 人類の部族移動」は、西洋や東洋の諸文明が形成された過程を解き明かすことで、現在崩壊の過程にある西洋文明の正体と、それに替わって期待される東洋文明、中でも日本の可能性を明らかにする事を目的としています。
シリーズ「人類の部族移動」その1~人類史を追求する意義と視点
シリーズ「人類の部族移動」その2~モンゴロイドの誕生と拡散
シリーズ「人類の部族移動」その3~南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイド
これまでの記事から明らかになってきた文明形成以前のモンゴロイドの姿について中間整理を行います。
%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%80~1.JPG
アジアのモンゴロイドのふるさとであるスンダランド。原モンゴロイドが辿りついた5万年前はこのような姿だったと考えられるが、1.4万年前から水没をはじめ6000年前には現在の姿になった。
↓応援をお願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 nandeya : 2011年04月04日