2011年1月3日

2011年01月03日

寺子屋の教育とは?~明治以降の学校制度との比較より考察

最近「寺子屋」教育の話をよく耳にする機会が増えました。
寺子屋とは、武士の子弟が中心であった寺院の教育に対し、庶民を対象にした、「読・書・算盤」を中心に、生活に必要な実用的知識を身につけさせる、民間の教育機関でした。
この寺子屋教育については、当ブログや、応援サイトである「るいネット」等にもその内容が多く投稿され紹介されています。
%E5%AF%BA%E5%AD%90%E5%B1%8B%EF%BC%88%E6%89%8B%E7%BF%92%E3%81%84%EF%BC%89.jpg
今日は改めて寺子屋教育とはどういったものなのか、それを明治以降の教育制度と比較しながら見てみたいと思います。
いつものように、応援よろしくお願いします。
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 saah : 2011年01月03日