2011年1月1日

2011年01月01日

日本人の可能性~女性の力に期待する1年

2009%E5%88%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA.jpg
あけましておめでとうございます。
今年も当ブログでは、古代史を遡り、そこから今後の社会の導きとなるヒントを得られるように追及してゆきたいと思います。
さて、2010年はみなさまにとってどんな1年でしたでしょうか?
新聞があげる重大ニュースでは、
鳩山首相退陣、後継に菅副総理・財務相
尖閣諸島沖で中国漁船が海保巡視船と衝突、海上保安官が撮影ビデオを流出
参院選で民主大敗
郵便不正事件の押収証拠改ざんで大阪地検特捜検事を逮捕

などが関心が高かったニュースでしょうか?
政治不信・官僚の暴走・日中関係の悪化など、現代社会を治めている支配層・特権階級の混迷ぶりがますます強くなった1年だったとおもいます。
一方で普通の企業・会社員・学生たちの意識はどこに向かっていっているのでしょうか?
支配層・特権階級の混迷ぶりが強くなることは、社会秩序の不安につながります。連日報道される不可解な暴力事件などもこのような秩序崩壊を表すものです。
そんな時代だから、現在の社会の歪を生み出している根本原因はなにか?その探索の先に新しい秩序の構築があるのではないか?という探索思考が生まれ、ひとびとの勉強欠乏(認識収束)を高めているといえます。
ところでこの勉強欠乏や認識収束を高めるにはなにが必要でしょうか?
現在は情報化社会といわれるように、書籍や新聞・雑誌・ネットなど、膨大な情報があふれています。それを貪欲に読み漁り、情報を蓄積することでこの認識収束に応えられるでしょうか?
こたえは否です。
社会閉塞→当事者意識の高まり(認識収束)が目指す地平は、新しい社会を「実現」することです。
近代以降続いてきた、社会制度が限界を向かえ、その力の基盤がとことん低下している現代だからこそ、みなの期待(=社会期待)を実現する時代にはいったのです。
ではあらためて認識収束の時代に生き残ってゆくために必要なものはなんでしょうか?

それは、共認充足と(それを母胎にした)実現です。
充足を生み出すには、相手に同化する必要がある。実現するためには、対象に同化する必要がある。つまり、今後必要とされるのは対象に対する同化であり、同化能力こそが現代~近未来の最終制覇力(実現力)であるということになるだろう。言い換えれば、観念力を鍛えるためにも、言語能力を磨くためにも、同化能力を鍛えるというのが最終回答になる。

従って、対象に同化しさえすれば新しい認識が付け加わることによって、より正しく状況が掴め、もって事実を追求すること(原因を追求すること)が可能になる。
新しい認識の創出は超難問というイメージを抱く人が多いが、問題意識を元に対象に同化しさえすれば、誰でも新しい認識を生み出すことはできる。

10/17なんでや劇場(7) 現代~近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
この縄文ブログも 「同化」 というキーワードを常に意識して記事を更新していきたいとおもいます。
さてずいぶん前置きが長くなってしまいましたが、今回は日本の女性の同化能力の高さについて紹介してみたいとおもいます。
ここ数年 「女子力」 という言葉が時代のキーワードになってきています。
不況下の現在、「女子力」を生かした企業は確実に成果を伸ばし始めています。
今回はその力の基盤はなんなのか?日本人の特徴である縄文気質とのつながりはあるのか?を追求したいとおもいます。
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 chai-nom : 2011年01月01日