2008年9月18日

2008年09月18日

北方モンゴロイドって何?

これまで、アステカ・マヤやインカなど、西洋に破壊される以前のアメリカ大陸文明を探求してきましたが、これらの文明を興した人々は「モンゴロイド」であり、日本人とはとても近い存在です。(見た目にもそうですし、最近のDNA分析でも明らかになりつつあります)
一方で、「リーマン破産」、「メリルリンチ合併」、「AIG救済」などアメリカで金融破たんが始まり、世界的な経済破局の様相を呈してくる中で、われわれ日本人は何をすべきか?そして、その可能性を探るために日本人の起源の探索に関心が向かっています。
そこで、日本人とインディアン、インディオの共通の祖先であるモンゴロイドとは何か?どのようにアメリカに渡っていったのか?ついて探索していくことにしました。
詳しい方もちょっと関心があって調べてみたという方も、関連する史実があればどんどん記事にしていきましょう。
%E5%8C%97%E6%96%B9%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E6%9D%B1.jpg
九州大学ミニミュージアムからお借りしました。

(さらに…)

投稿者 nandeya : 2008年09月18日  

2008年09月18日

メソポタミアにおける悪霊と神の関係の変化

こんばんは~
>シュメール人の来世観は、憂愁と恐怖に満ちていました。彼らは、死者の迷える魂は、悪鬼となってしばしば地上に現れて、暗いところや廃墟などに住み、人に危害を加えると考えていました。そして、このような死者の霊のほかに、半人半獣の怪物や悪魔の類が大気を満たしているとも考えていました。
シュメール人の宗教って?~その1
今日は、メソポタミアの宗教についてもうちょっと分からないかな~と調べているときに見つけた、メソポタミアの悪霊に関する記事 のご紹介です
%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%82%A5.jpg
この写真は、『魔の女神ラマシュトゥ(妊婦や赤ん坊を襲うの~ )に対するお守り』
応援お願いします
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ
ありがとうございます

(さらに…)

投稿者 mituko : 2008年09月18日