2012年6月2日

2012年06月02日

「次代の可能性をイスラムに学ぶ」~2.イスラムの政治と経済-(1)多様な政治体制

muslim_kids_praying.bmp
 
 
嗚呼、この信仰生活さえあれば、あとはどうでもいい…
 
イスラム教の特徴は、その教えの中に、生活全般についてどうすべきかが書かれている点です。だから、信者にとってそこに書かれたように生活することが信仰のすべてです。それは先祖代々皆が認め、守ってきた行いであり、すべてが共認充足に通じています。
 
その原点にあるのが、コーラン(神の啓示)やハディース(教祖の言葉)です。その中に政治・経済から性に至るまで詳細に書かれています。だから、たとえば民法・商法などの近代法を制定しようとすると悉く抵触します。かといって問題はありません。信者はイスラームの教えから逸脱しようとしないからです。だから、基本的には新たな法や制度を制定する必要はないのです。新しい社会生活の必要に応じて、隙間を埋める法や制度が必要になるだけなのです。
 
近代的な国家や市場経済が生まれる以前から、彼らはイスラムの教えに従って国をつくり政治や経済を実践してきました。われわれがイスラムを理解しようとするとき、どうしても近代的な国家の概念や政治や経済のあり方から見ようとしてしまいます。しかし、イスラームにとってはそのような近代的な国家も政治も経済も、信仰生活をまっとうするための補完物でしかありません。
 
 
では、イスラム教によって統治されているイスラム国の政治について具体的に見ていきましょう。
 

(さらに…)

投稿者 kumana : 2012年06月02日