2011年10月26日

2011年10月26日

日本人の民族特性こそ次代の可能性5~支配者層の特性とは?(2)現代における属国意識

「日本人の民族特性こそ次代の可能性」シリーズの5回目。今回は「現代における属国意識」について考えてみたいと思います。

%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8.png
 
画像はここからお借りしました。
◆今までのシリーズ記事です。
01】日本人の民族特性こそ次代の可能性1~プロローグ
02】日本人の民族特性こそ次代の可能性2~縄文体質とは何か?(1)
03】日本人の民族特性こそ次代の可能性3~縄文体質とは何か?(2) 受け入れ体質の正体とは?
04】日本人の民族特性こそ次代の可能性4~支配者層の特性とは?(1) 属国意識の正体とは
前回までの記事は、日本人の縄文体質、受け入れ体質や属国意識の正体について調査してきました。わかってきたことは・・・・・
日本人に残る受け入れ体質は大きな可能性
・縄文時代から継承された受け入れ体質(柔軟性や懐の深さ等)は、現在も我々の心底に残る、意識の基底部を形成し、日本人の大きな可能性である。
受け入れ体質と属国意識は似て非なるもの。
・朝貢制度に代表される属国意識(※以下、【朝鮮の属国意識】と呼ぶ)は、弱小国家の生き残り戦略、私権獲得の戦略、すなわち、序列を受け入れる属国意識であり、縄文人から連綿と受け継いだ、相手や集団の充足を第一義とする受け入れ体質とは、別物であること。
朝鮮の属国意識は、縄文人の肯定意識と遭遇し大きく変化した。
・大陸と日本は海で隔たった地理的環境、国内では、戦乱が少なく、温暖湿潤で豊かである外圧条件下において、大衆の安定第一と秩序収束が最大の期待となり、受け入れ体質の縄文人達と触れる中で、「属国意識」は変化していった。(※以下、この縄文化された朝鮮の属国意識を【日本独自の属国意識】と呼ぶ。)これが、骨身に染み付いた属国意識の正体。
というところまで分かりました。
現在、政治家や官僚、マスコミなどの統合階級に見られる属国意識は、かつての朝貢関係に見られる朝鮮の属国意識に近い、欧米との密着度、国民や国益(国民生活第一)を捨象した政治手法などに見られます。これらは、日本を閉塞させる大きな要因となっています。集団内の充足や国民生活第一の価値感を捨象し、目先的な己の権力の安定や保身を主体とする現代における統合階級の属国意識の位相は、いままでの縄文気質をベースとした【日本独自の属国意識】を逸脱しているように思います。さて・・・・
☆・:*:.。.:*:・’゚:*:・’゚☆・:*:.。.:*:・’゚:*:・’゚☆’・:*:.。.:*:・’゚:*:・☆
Blog Ranking
にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 2310 : 2011年10月26日