2017年8月31日

2017年08月31日

「教科書の嘘を検証する」第5回~平安時代は百済派支配の単独政権

第5回は平安時代を扱います。

平安時代も大和朝廷の始まりと同じくらい重要な時代。教科書では平安時代とは国家の安定、蝦夷討伐による国家統合の基盤つくりといったプラス価値で捉えられていますが、この平安時代こそ最も暗黒時代であったという認識が必要です。それは百済支配が最も深く、公家や貴族が私腹を肥やし、国家を混乱させ、腐らせた時代だったからです。平安という時代の名前とは真逆の混乱した時代でした。武士はその混乱を背景に登場する事になるのです。

教科書の記述を先に書き、おかしな部分にアンダーラインを入れて後で書き換えを試みます。


(平安京)

奈良時代の後半には、貴族や僧の間で勢力争いが激しくなり、政治が混乱しました。そこで桓武天皇は、新しい都で政治を立て直そうとして、784年に都を長岡京に移し、次いで794年には現在の京都市に移しました。この都を平安京といい、鎌倉幕府が成立するまでの約400年間を平安時代といいます。

8世紀の末には唐の勢力が弱まり、東アジアの国々の間での緊張関係がゆるんだため、朝廷は東北地方や九州地方以外では一般の人々の兵役をやめました。また、役所を整理したり、国司に対する監督を強めたりして、支配の仕組みを立て直そうとしました。しかし、不自然に女性の数が増えるなど、戸籍にいつわりが多くなったこともあり、複雑な手続きが必要な班田収受法は行われなくなっていきました。

8世紀末から9世紀にかけて、朝廷は支配に従おうとしない東北地方の蝦夷に対してたびたび大軍を送り、特に征夷大将軍になった坂上田村麻呂の働きもあって、その勢力を広げました。しかし、その後も蝦夷は律令国家の支配に強く抵抗し続けました。 (さらに…)

投稿者 tanog : 2017年08月31日