2012年4月18日

2012年04月18日

シリーズ「潜在思考の原点・カタカムナ」~似て非なる「陰陽道」~

%E5%A4%AA%E6%A5%B5%E5%9B%B3_svg.png
 wikipediaからお借りしました~
 
古代人の思考から可能性を探る、シリーズ「潜在思考の原点・カタカムナ」
 
前回の投稿では、古代人の思考と現代人の思考の違いを扱いました。
詳しくは・・シリーズ「潜在思考の原点・カタカムナ」~「カタカムナ」の世界観(2)~
をご覧下さい。
 
民族学者の折口信夫が示した、万物のあいだに類似性や共通性を見出す「類化性能」と物事の違いを見抜く「別化性能」、この両極端な思考の違いが、古代人と現代人の思考の違いと言えます。
 
それでは、なぜこんなにも古代人と現代人の思考方法は違うのでしょうか。
長い歴史の中でどこで変わっていったのか。
 
この思考が変化していった背景を今回は探りたいと思います。
 
本題に入る前に、 こちら をクリック!
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ

(さらに…)

投稿者 vaio : 2012年04月18日