2019.05.16

るいネットから縄文体質を炙りだす~第1回:持国天さんの記事より紹介

新しいシリーズを始めていきます。るいネットでは様々な日本人に関する視点、発信が日々追求されています。
この縄文ブログもこれまでるいネットからの情報をヒントに追求が進められてきました。
新しいシリーズは「るいネットから縄文体質を炙りだす」として日本人(=縄文体質)に纏わるこの1年の記事を紹介していきたいと思います。

第1回は同じ投稿者からの紹介です。ペンネーム持国天さんの記事はほぼ毎週のように投稿されており、その記事の語り口は非常に小気味よく、本質に迫っており、また迫力に富んでいます。記事を読むと背筋がピンとする感覚。同時にそれは私達の中に眠っている縄文体質を後押ししてくれます。
批判や指摘に留まらずその先の「どうする?」を追求するるいネットならではの記事の数々。今回はその中から6編を紹介します。

紙面の都合で全文投稿はできませんが、逆に各記事のエキスを切り取って紹介する事で持国天さんの本源性が見て取れるように思います。もちろん、その言葉から本編(リンク)に飛んでしっかり読んでいただけるともっと記事の背景、主旨が伝わってくると思いますのでよろしくお願いします。

ギャラップ調査熱意溢れる社員の割合がたった6%の日本人、世界最悪の仕事熱意本当にそうだろうか。(リンク
・失業すれば飢えてしまう貧困の圧力から、日本は世界に先駆けて脱出しました。1970年ごろ飢えの圧力から開放された日本は、私権の強制圧力も世界に先駆けて衰弱し始め、企業統治の序列体制も衰弱して来ました。私権圧力や序列体制に基づいた指揮系統下で、活力を持って働ける日本人は今や何処にも存在しなくなってしまいました。地位やお金に収束していい生活を求めた生き方はもう過去のものとなりました。「みなの期待」を掴んで応えることが充足の源、こんな新しい意識潮流が日本社会の随所で顕在化しつつあります。
(中略)
・しかし政治も企業も学校も社会を構成する主要な体制構造がいまだ旧秩序のままで、人々の新しい意識潮流を閉塞させてしまうのです。企業や学校などの古い観念や体制(私権第一や自分第一)と、日本人の新しい意識潮流との断層の拡大が、ギャラップ調査が示す「仕事への熱意」の低下に繋がっているのであろう。私権パラダイムの大転換に先陣を切って曝される、日本民族の闘いと苦悩とを暗示しているのではなかろうか。

幼少期と思春期以降では、やりたい仕事が違っていくリンク
・幼少期と思春期以降では、やりたいことの次元が変わっていく。幼少期にはとある興味からのめりこんでいく世界があって、そこから大人になってもやりたいこと(やりたい仕事)を思いつき、ことばにしていく。思春期からは仲間や社会発の期待を掴めるようになって、自分発のやりたいことから開放され、みんなの期待(社会が求めている期待)の方向へ、社会スケールの期待へと思いが開放されていく。
(中略)
人は期待されないと活きていけない、無視されたら死んでしまう生きものだ。その期待が自分発から集団へ、社会へ、そして次代の期待へと深まる過程で、みんなの役に立つ人材へと成長していくのだと思う。
思い起こせば甚だ不甲斐ないが、思春期から社会を深く吸い込んで次代の期待を直視し、事実認識を鍛え上げていく機会に恵まれたことが幸いであった。思春期から社会を吸い込む場を、未来を背負う子ども達に提供していきたいと強く念じています。

地頭が良いひとは照準がずれない→修羅場で頼りになる強いひとリンク
・厳しい状況下で切れ味の良い仕事をなしとげるのは地頭の良い人です。地頭とは観念だけの暗記脳と真逆の能力といえよう。戦場で能力を発揮する軍師、やり手営業マンや次代を深読みする経営者など、社会や集団が必要とする実力派⇒名うての仕事師は、悉く地頭が良い人といえる。地頭の良さのうえに観念機能が優れているなら鬼に金棒となる。
・八方塞の難局から突破口を見出す創意工夫に長け、成し遂げていく人材であろう。私の人脈の中にもこの様な人材が思い浮かぶが、学歴とは全く整合しない。集団の危機や千載一遇のチャンスをモノにする突破力に長け、人の心が分かり、照準力を肉体的に持ち合わせている。
・人類の意識構造は哺乳類の本能から進化の過程で形成された、本能の上に共認機能と探求機能と観念機能が塗り重ねられて形成されてきた。地頭が良いというのは、この本能機能と共認機能と探求機能が健全に発達し、肉体と心と頭脳が一体で対象を把握する逞しい追求力を持ち合わせていることではないか。
中学受験以来の詰め込み教育から、追求回路が封鎖されて暗記脳が出来上がった受験エリートは、今風の言い方をすれば彼らこそが発達障害者である。本能機能や共認機能(潜在思念)が未発達(封印され)で、人の心や外圧を捉える力(地頭)が貧弱と云うことだろう。

移民受け入れの唯一の条件、日本語を母国語として習得すること。外国人移住者には日本語(母国語)教育を徹底するリンク
・東京の若者の新成人は8人にひとりが外国人の時代となった。新宿区にいたっては約半数に及ぶという。欧州諸国のように陸続きの旧植民地から一気に大量流入の恐れは少ないだろうが、急速に進む日本人の少子化と人口減が重なって、外国人の流入はこれから増大していくに違いない。
(中略)
かつて飛鳥の朝廷は、渡来氏族各々の言語が溢れかえっていたものの、次第に縄文由来の日本語へと同化していったと考えられている。日本語に同化しながら「日本人らしさ」へと、渡来人の気質も塗りかえられていったのではなかろうか。どうも日本語に同化していくことが、潜在思念の奥底に秘められている「日本人らしさ」=気質の継承に繋がたのではなかろうか。るいネットには日本人気質(縄文体質)と言語としての日本語の深いつながりが投稿されている
(中略)
・日本に永住を希望する外国人には徹底した「母国語としての日本語教育」が重要だ。歴史観などとなると、なかなか外野が煩わしいことになるが、日本語(母国語)教育を徹底し、縄文由来の日本人気質に深い同化を導くことに批判はあり得ない。斡旋業者由来の日本語学校では不十分すぎる、日本民族の気質を再生する日本語(母国語)教育のあり方を制度的にも追求することが大切なのではなかろうか。そして移住二世からは必須とすべきではなかろうか。移民は排斥しない、ただし日本語を母国として体得する、移民受け入れの条件はこの一点でよい

家業の勧め、社会・自然外圧を異世代で共有する場。(リンク
・水産業や農業であれ、町工場などの自営業の中で育てられれば、自然圧力や社会/市場の圧力に父母たちはいつも曝されているわけだから、幼少期からの育成過程でもその圧力は子供達にとってもいつも効いてくる
サラリーマンの通勤族で、住宅地住まいの環境では如何ともし難く、過酷な闘争圧力や自然圧力は子供に及ぶことは無い。
家業とは異世代が毎日共通の外圧を共有して生きていく場です。両親や一族が曝される厳しい闘争圧力を感受しながら、成長できる家業的な場の圧力を見直したいと思う。

老骨に鞭打ち民族派の気骨と心根で政界を再編したマハティール首相、健康の秘訣は漢方の処方と云うリンク
・民族派としての気迫と心根が、精悍な健康の根源であることはいうまでも無い。世人に体の健康の秘訣は如何とたずねられ、西欧医学を学んだ彼は漢方の処方だと答えた。天下を統一した徳川家康も晩年は漢方に精通した。小田原城で晩年を健康に過ごしたが、矜持を保ち漢方に精通して、自らを律した生き様に共感を覚える。
・自分病のありもしない不全を抱えて脳を痛める、人口物質やジャンク食紛いの食生活で臓器を痛める、そして西洋医学を学んだ医者の処方で命を縮める、これが現代の病だ。医療保険と社会保障費も財政破綻の一因だが、過半が自我病でしかない。国家財政の破綻に占める自我病と医療界の責任は大きい。
体に負荷をかけ過ぎたときには、漢方の処方と鍼灸の施術を大切にし、暗記脳から処方される西洋医などは当てにしないほうが得策だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
持国天さんの記事から炙りだされる6編の投稿のメッセージを下記に書き留めます。

・企業や学校などの古い観念や体制(私権第一や自分第一)と、日本人の新しい意識潮流との断層の拡大が、ギャラップ調査が示す「仕事への熱意」の低下に繋がっているのであろう。
・人は期待されないと活きていけない。その期待が自分発から集団へ、社会へ、そして次代の期待へと深まる過程で、みんなの役に立つ人材へと成長していくのだと思う
・地頭が良いというのは、この本能機能と共認機能と探求機能が健全に発達し、肉体と心と頭脳が一体で対象を把握する逞しい追求力を持ち合わせていることではないか
・どうも日本語に同化していくことが、潜在思念の奥底に秘められている「日本人らしさ」=気質の継承に繋がたのではなかろうか
・家業とは異世代が毎日共通の外圧を共有して生きていく場です。両親や一族が曝される厳しい闘争圧力を感受しながら、成長できる家業的な場の圧力を見直したい
・体に負荷をかけ過ぎたときには、漢方の処方と鍼灸の施術を大切にし、暗記脳から処方される西洋医などは当てにしないほうが得策だ

 

 

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "るいネットから縄文体質を炙りだす~第1回:持国天さんの記事より紹介"

posted by tanog at : 2019年05月16日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2019.05.09

脳の進化過程から人類史500万年を見直す(第5回)~言語と共認充足~赤ちゃんのニコニコから

シリーズもいよいよ人類の進化の最終段階に来た。
そこで改めて脳の3つの核と脳進化の関係を押さえておきたい。

 大脳には中枢系と辺縁系がある。主に人類の脳を拡大したのは大脳新皮質(大脳連合野)の辺縁系だが、大脳連合野を発達させたのは様々なやる気のホルモンを発する駆動物質であり、その駆動物質を主に放出し指令を出すのが下記の3つの核である。まずその3つの核の役割から見ておきたい。引用は実現塾で配布されたテキストである。

m281.gif探究核(側坐核):前進する意欲を生み出す駆動物質を放出すると共に、情報を大脳連合野へ送る。

m281.gif判断核(扁桃体):外識情報に対して、価値判断を下し、好き嫌いや怒りなどの情動反応を起こす駆動物質を放出すると共に、反復体(海馬)に対して重要な情報の反復指令を出す。

m281.gif充足核(中隔核):充足を追求する意欲を生み出す駆動物質を放出する。

どうだろうか?

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "脳の進化過程から人類史500万年を見直す(第5回)~言語と共認充足~赤ちゃんのニコニコから"

posted by tanog at : 2019年05月09日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2019.05.02

脳の進化過程から人類史500万年を見直す(第4回)~言語と脳の関係、精霊と言語の関係。

第4回は言語と脳の関係、精霊と言語の関係を見ていきたい。
ここまで来ると中々このブログでもうまく答えを出せるか自信がないが試みてみたいと思う。

 ■まず問題意識としては言語と脳の容量UP、これがどのように関係しているかという点。

人類はその進化過程で前の種(類人猿と猿人、猿人と原人、原人と新人)との間に連続性がなく、それぞれの種が新しく進化してその形態に至っている。従って新人(ホモサピエンス)は仮に50万年前にサルから進化したとして脳容量は400ccから一気に20万年くらいで1400ccに増えているという考え方になる。また、類人猿から進化したとしても約2倍。この2~3.5倍の増量を成したのは間違いなく言葉(観念機能)の獲得によるものであろう。では言葉がなぜそれほどまでに脳容量を拡大する事ができたのか?そこを追求してみたい。

 人類はホモサピエンスに限らず、常に絶滅の危機と隣りあわせで生存するのが精一杯の極限動物であり故にその存在そのものが常に「なんで」「どうなっている」「どうする」の連続だった。把握機能と対象を構造化する構造認識は進化の過程の中で脳の増大を促した。

 その過程は下記の るいネットの記事に記載されている。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "脳の進化過程から人類史500万年を見直す(第4回)~言語と脳の関係、精霊と言語の関係。"

posted by tanog at : 2019年05月02日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2019.04.25

脳の進化過程から人類史500万年を見直す~脳を爆発的に大きくさせた要因は何か?何があったのか?

現在の人類に繋がる新人(=ホモサピエンス)の歴史は最近の考古学資料により30万年まで遡っている。(参考投稿
今後の発掘でさらに遡る可能性があり、私はおそらく40万年前、50万年前まで遡るのではないかと考えている。ホモサピエンスの脳容量は20万年前に1350ccに達し、以後は変化していない。現人類より脳容量を持っていたネアンデルタール人はホモサピエンスと並存し、5万年前に絶滅した。
ネアンデルタールも人類も脳を拡大し適応してきたのだが、どちらも言語を持っていたと言われており、中でも喉の構造からより言語機能が発達したのがホモサピエンスの方であった。

言語機能はどの時期にどのように発達したのか?

仮説として少し物語風に考えてみた。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "脳の進化過程から人類史500万年を見直す~脳を爆発的に大きくさせた要因は何か?何があったのか?"

posted by tanog at : 2019年04月25日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2019.04.18

日本独自の文字「ひらがな」は歌で定着してきた。

日本人は、日本語を話し、日本語を読み書きしている。国中どこへ行っても、「文字」を見ることができる。よく言語の4技能というが、これは、聞き、話し、 読み、書く技能を指している。そして、我々はどの言語にも4技能という概念があてはまると思っているのではないだろうか。

以前、世界には6500以上の言語が存在すると言ったが、果たしてそのなかで、文字をもっている言語はいくつあるだろうか。実は、独自の文字体系をもっている言語は、400ぐらいしかないのである。つまり、文字をもたない言語は6000以上もあるのである

日本人は古来から文字を愛用してきた。それは現代の表現とは異なる、話し言葉の延長としての歌をうたう文化から定着してきたからである。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "日本独自の文字「ひらがな」は歌で定着してきた。"

posted by tanog at : 2019年04月18日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2019.04.18

脳の進化過程から人類史500万年を見直す~ミッシングリンクは脳進化にはなかった?

第3回は人類史を見ていく上で必ず登場するミッシングリンクについて脳の進化論の観点から言及してみたいと思います。

まず学説から言われている人類の進化史です。
約500万年―600万年前にサルから分岐し、2足歩行、道具を操るようになり猿人と呼ばれる種(アウストラロピテクス)が登場した。その後原人(ホモハビルス)が登場するのが250万年前。またホモハビルスの後に新人(ネアンデルタール、ホモサピエンス)が登場する30万年前と人類史的には大きく3つの段階に分かれている。

下記はブログの中に「化石人類の脳」という記事があり、それが比較的分かり易いので紹介しておきたい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "脳の進化過程から人類史500万年を見直す~ミッシングリンクは脳進化にはなかった?"

posted by tanog at : 2019年04月18日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2019.04.11

脳の進化過程から人類史500万年を見直す~猿人は地上に降りたのか、落ちたのか?

人類の歴史を押さえる上でサルと人を分ける起点を設定する事が重要である。
サルは木に登れる、人類は木に登れない(2足方向ができる)をサルと人類の分岐点と見る説も多い。それ自身が分岐点かどうかの議論は置いておくとして、なぜ人は木に登れないのかを押さえておきたい。

学者は、「人類はサルが進化した高等種である」という前提がある。なので木に登れるサルが木に登れなくなったことを「木から下りたサル」というように解釈する説が多い。
こんなニュースがある。2017年の記事で、未だにサルが地上に降りた理由を学者達は延々と議論している。リンクより引用します。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "脳の進化過程から人類史500万年を見直す~猿人は地上に降りたのか、落ちたのか?"

posted by tanog at : 2019年04月11日 | コメント (1件) | トラックバック (0) List  

2019.04.04

脳の進化過程から人類史500万年を見直す

人類史は現在の学説では600万年前とも500万年前とも言われている。

サルが木から下りて2足歩行をできるようになった事が確認されたのがその時代という事で認識されてきた。脳の容量は猿人のアウストラロピテクスの段階で375ccでチンパンジーの350ccからわずか25cc大きくなったに過ぎない。サルから人類への進化は2足歩行がまず始まり⇒脳の容量UPという理屈だ。しかし現在の人類の種であるホモサピエンスは最大遡っても30万年前、同様にネアンデルタール人やデニソワ人も同様の時代に登場した。それらの新人に繋がる種(中間種の人類)は見つかっていない。

ホモサピエンスの脳容量は最終的には1350ccとサル時代の脳容量からは4倍以上に大きくなっているが、人類の脳が500ccを超えたのはホモハビルス時代の150万年前~20万年前の期間に過ぎないつまり、人類の脳は500万年前から徐々に順調に大きくなったのではなく、約400万年間は殆どサル時代と変わらず、50万年前前後を起点に何らかの要因で急激に大きくなったのである。

人類とサルを分ける最大の違いは2足歩行だろうか?おそらく誰に聞いてもサルと人類を分ける起点は脳の容量であると考えるに違いない。つまり、人類史を500万年前としてよいのか、を改めて脳の進化という観点で見直してみる必要があるのではないか?

下記のブログでも同様な疑問が書かれている。リンクより引用

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "脳の進化過程から人類史500万年を見直す"

posted by tanog at : 2019年04月04日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2019.03.29

「縄文時代、人は何を考え、何を築いてきたか」第7回~アスファルトは素材の特性を知り尽くした縄文人の知恵の結晶

第7回はこのシリーズ最終回、縄文のアスファルトを扱います。

縄文時代のアスファルトは天然アスファルトで、接着剤、顔料、防腐材として重宝されました。古代エジプトではBC3000年頃に防腐剤としてアスファルトがミイラの製作に用いられていたのは有名な話ですが、縄文時代7000年前から既にアスファルトの使用が確認されています。縄文人の観察力の凄さと、天然素材への同化力の高さを示す話としても紹介します。実際日本で精製したアスファルトが使われたのは大正時代、実に縄文時代から大正時代までこの天然アスファルトは使い続けてきたのです。そういう意味で縄文時代の人々は現代以上の科学者であった可能性が伺えます。
今回も「縄文探検隊の記録」から紹介します。岡村道男さんの語りから始まります。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "「縄文時代、人は何を考え、何を築いてきたか」第7回~アスファルトは素材の特性を知り尽くした縄文人の知恵の結晶"

posted by tanog at : 2019年03月29日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2019.03.20

「縄文時代、人は何を考え、何を築いてきたか」第6回 世界最古の漆芸は「機能と美の一体化」だった

第6回は漆の話です。

漆と言えば江戸時代の装飾多彩な漆の器を思い浮かべますが、この漆、実は日本が世界最古の漆利用の発生地なのです。約9000年前の北海道の垣ノ島B遺跡で発掘され、その後7000年前頃には東北地方含めて多数漆の利用が発見されています。漆とは漆の樹液から取り、赤、黒と木材や繊維に塗り重ね着色する装飾材として使われました。

大陸では中国の可母渡遺跡での6500年前が最古でその後の発見でも8000年前までしか遡れず、現時点では縄文の漆が世界最古と言われています。従ってこの漆の利用や発見は大陸から由来したものではなく縄文人オリジナルなものとされています。
9000年前と言えば縄文草創期、定住が始まったばかりにも関わらず既に装飾の為の漆が使われていた。定住化した時点でかなり高度な文化が同時に表れていた事の証ではないかと思われるのです。

今回も「縄文探検隊の記録」から紹介します。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "「縄文時代、人は何を考え、何を築いてきたか」第6回 世界最古の漆芸は「機能と美の一体化」だった"

posted by tanog at : 2019年03月20日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List