2014年8月14日

2014年08月14日

夏休み特集~棟梁にみる“教えない”人育て

みなさま夏休みm019.gifをいかがお過ごしでしょうかicon_biggrin.gif

さて、「教える」「教えてもらう」って行為、みなさん普段どこで見かけますか?

学校、塾、習い事、子育て、そして何より職場の人材育成。実は人の人生のどの場面でもあるんですよね。しかし、そんな風に日常に当たり前にあるように見える「教える」「教えてもらう」なんですが、学校教育をはじめとして限界がきているようです。なぜなら、一方で主体性をはぐくみたい!主体性が欲しい!などとも良く言われるからです。後輩にはもっと主体性が欲しいんだよね!なんて言っているそばから、せっせとマニュアル作りをしていたり・・・(笑)。教えてしまうと主体性が育たない、自分で考えなくなるってことには、なかなか気づけていないものです・・。

20110513204743963

本日は、夏休み特集として、宮大工の棟梁小川三夫氏の著書『木のいのち木のこころ』から、大工たちに伝わる、教えない人育てを紹介します。実体験に基づく彼の発言にハッさせられますし、また何より、“教える側”の姿勢、心の有り様が問われるのだと気づかされます。
(さらに…)

投稿者 tanog : 2014年08月14日