2012年1月2日

2012年01月02日

ブータンと日本を繋ぐものとは?

%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA.gif
ヒマラヤの日の出
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
今年、縄文ブログの照準はいよいよ「日本人って何?」「これから我々はどう生きていくべきか、生かされていくか?」という民族論、未来論に移行していきます。
今日は、アジアの小国ブータンをとりあげます。
昨年11月、ブータン王国のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王の来日は、大きな話題となりました。

ブータンはヒマラヤ山脈の南側に位置する人口約70万人、国土は九州とほぼ同じ面積の仏教国です。本来の国名は「ドゥック・ユル」=「雷竜の国」と呼ばれ、国旗にも白い雲竜の姿が描かれています。
アサヒコム

日本人がなぜブータンに惹かれるのか? そこには日本とブータンをつなぐ大きな共通項が潜んでいるのです。今日は、その秘密に迫ります:D
応援のクリックをお願いします
Blog Ranking にほんブログ村 歴史ブログへ
いつもありがとうございます

(さらに…)

投稿者 yaga : 2012年01月02日