2020年8月16日

2020年08月16日

2020年上半期ダイジェスト「実現塾で扱われた様々な新認識」

縄文ブログ(通称)の上半期のダイジェストを紹介したい。テーマは「実現塾で扱われた様々な新認識

当ブログの作成者は定期的に開催される実現塾に参加し、そこで得た新しい認識、追求すべきテーマを時々に題材にして紹介している。実現塾は歴史だけでなく、教育問題、経済問題、コロナ禍などの時事問題、金貸しの歴史、サル・人類史、生物史など多岐に渡る。しかしその殆どは我々人類、日本人、今を生きる私たちの課題に繋がっておりこの縄文ブログの追求と重なる。或いは多少無理やりにでも重ねて繋いでいけば、歴史認識に至る。
その意味で歴史を追求するとは過去ではなく今を追求する事に他ならないと感じている。

実現塾での新認識はおそらく書籍やネット記事には殆どない全く新しい認識ばかりであり、その多くは仮設と事実の重ね合わせから生み出された。何よりも次代を読み解くヒントが多く詰まっており、追求を刺激する認識が多くある。

上半期の実現塾から当ブログに紹介した認識

・現生人類はチンパンジーではなくオランウータンから誕生した
・最古の人類は海洋民族でありその移動手段は筏であった
・サルから人類へ、最大の獲得機能は観念原回路
・最古で現在まで続く支配者「奥の院」の出自は海賊
・奥の院と天皇家は繋がっている
・私権社会を作ったのはウバイド人であり灌漑農業がその起源
・人類は寒い北へなぜ、どうやって移動したのか。洞窟伝いに移動した説が有力

以下ダイジェストで紹介したい。 (さらに…)

投稿者 tanog : 2020年08月16日