2020年8月13日

2020年08月13日

縄文人は他のアジア人とは異なり、独自に進化した集団。

縄文人とは、約1万6000年前から約3000年前まで続いた縄文時代に、現在の北海道から沖縄本島にかけて住んでいた人たちを指します。平均身長は男性が160センチ弱、女性は150センチに満たない人が多かった。現代の日本人と比べると背は低いが、がっしりとしており、彫りの深い顔立ちが特徴です。

世界最古級の土器を作り、約5000年前の縄文中期には華麗な装飾をもつ火焔土器を創り出すなど、類を見ない独自の文化を築いたことで世界的にも注目されています。身体的な特徴などから、東南アジアに起源をもつ人びとではないかと考えられてきました。由来を探るため、これまで縄文人のミトコンドリアのDNA解析は行われていましたが、核DNAの解析は技術的に難しかったことから試みられていませんでしたが、福島・三貫地貝塚人骨の核DNA解読に成功し、「縄文人」は、きわめて古い時代に他のアジア人集団から分かれ、独自に進化した特異な集団だったことがわかりました

(さらに…)

投稿者 tanog : 2020年08月13日