2020年1月30日

2020年01月30日

日本人の海洋的資質は巨大火山「喜界カルデラ」によって拡散した。

スンダランドから流れた港川人、彼らはその後どのように縄文人へとなっていったか。ここも「日本人はるかな旅」の中から紹介してみたい。原文をそのまま転載すると膨大な投稿文になるのでかいつまんで要約します。ところどころに原文の掲載をします。色を変えています。

まず2万3千年前にたどり着いたスンダランド人は沖縄の港川に定住します。
そこでおそらく数千年継続して生活しますが、約1万5千年前、気候変動あるいは火山活動によって島を離れていきます。沖縄での人骨の遺跡はこの頃からしばらく発見されておらず、北へ、北へと島伝いに本州に流れ着きます。古代人の島での永続は難しく、気候変動や人口の増加で捕獲する捕獲動物とのバランスが崩れると忽ち生存できなくなります。本州では80種類以上存在する哺乳類が沖縄では現在4種類しかいないなど、沖縄では様々な哺乳類が絶滅してきています。一般的に古代は島での数万年に渡る生存は難しいとされています。

(さらに…)

投稿者 tanog : 2020年01月30日