2019年9月12日

2019年09月12日

潜在意識で母音骨格をつかむ私たち日本人~会話とは意識の融和

世界中の言語はほとんどが子音言語である。英語圏を初め、中国語、韓国語もほぼ全世界の言語体系は子音言語(母音を聞き流す言語)である。母音語を主体に音声認識をする言語として確認されているのは、ポリネシア語族(ハワイ語なども含まれる)だけで、比較すると極めて少数派である。黒川伊保子シリーズ第3回目はこの母音言語の使い手の可能性を紹介したい。

現代社会が出口を見失い、突破口を探す上で潜在思念で捉えるこの母音言語の日本語が持つ可能性は極めて重要に思える。 (さらに…)

投稿者 tanog : 2019年09月12日