2019年4月25日

2019年04月25日

脳の進化過程から人類史500万年を見直す~脳を爆発的に大きくさせた要因は何か?何があったのか?

現在の人類に繋がる新人(=ホモサピエンス)の歴史は最近の考古学資料により30万年まで遡っている。(参考投稿
今後の発掘でさらに遡る可能性があり、私はおそらく40万年前、50万年前まで遡るのではないかと考えている。ホモサピエンスの脳容量は20万年前に1350ccに達し、以後は変化していない。現人類より脳容量を持っていたネアンデルタール人はホモサピエンスと並存し、5万年前に絶滅した。
ネアンデルタールも人類も脳を拡大し適応してきたのだが、どちらも言語を持っていたと言われており、中でも喉の構造からより言語機能が発達したのがホモサピエンスの方であった。

言語機能はどの時期にどのように発達したのか?

仮説として少し物語風に考えてみた。

(さらに…)

投稿者 tanog : 2019年04月25日