2013年4月1日

2013年04月01日

伽耶を知れば古代日本が見える(2)~『伽耶』とは最後まで抵抗した倭人諸国

みなさんこんにちは。
シリーズ【伽耶を知れば古代日本が見える】は第3回目となりました。
前回は「古事記、日本書紀がついた嘘とは」を扱いました。私達が学校の歴史で学んだ事と、現実に起こってきた事とは随分かけ離れていましたね。昔の紙幣に印刷されていた聖徳太子が架空の人物だったのも驚きでした。
日本の歴史の事実を明らかにした時、どんな現実がみえてくるのでしょうか?楽しみなのとちょっと怖い気もします。
さて、今回はシリーズ第3回目という事で【伽耶とは最後まで抵抗した倭人諸国】を扱います。
みなさんは「倭人」と聞くとどのような人を想像しますか?
「倭人」では魏志倭人伝などが有名ですが、一般的には「倭の国」=「ヤマトの国」、「倭人」
=「日本人の祖先」という事を想像されるのでは?と思います。
ところが、実際、調べてみると事実はそうでは無いようです。ここも歴史の教科書とは違いますね。今回はこの「倭」というのをキーワードに『伽耶』とは何か?に迫ってみたいと思います。
みなさんいつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

投稿者 shinichiro : 2013年04月01日