2019年1月1日

2019年01月01日

「縄文体質は次代の人類の可能性!」第5回~世界へ広がる縄文体質

2018年後半に始まった株価急落、米を含む西欧社会の秩序破壊、混乱は一過性のものではなく2019年ますます進行していくでしょう。
これは現代社会が5000年前の戦争の勃発から始まって作られたシステム=私権社会に大きく依拠しているからです。そしてその私権社会が現在の市場社会を生み出し環境破壊、持続不可能な社会となって制度限界に到っているのです。

日本も遅れて1500年前からその社会に突入していきますが、庶民含めて巻き込まれたのは明治以降のわずか150年間です。今自殺率が高いのも日本、婚姻制度が崩れているのも日本、そして企業社会も時短時短で厳しい局面に追い詰められています。
最も遅れて私権社会に突入したが故にそのメッキが剥がれ最も早く崩壊を招いています。
2019年、またはその後2,3年以内にかなりの高い確率で市場社会は音を立てて崩れていくでしょう。世界中の秩序は大混乱するかもしれません。

その時、個人主義が髄まで染込んでいる西洋社会とは異なり、市場社会以前の記憶も体質もまだ残っている日本が(その縄文体質が)世界を救う唯一の可能性基盤になると思います。既にここ十年の間に海外での「日本を学ぶ、倣う動き」が登場しています。世界の各国が覇権主義から民族主義へ、グローバル主義から相互依存へその国策転換の参考に、日本を注視し始めています。
(さらに…)

投稿者 tanog : 2019年01月01日