2018年9月6日

2018年09月06日

縄文体質とは何か?第1回“縄文人にとって自然とは”

先週の実現塾で「縄文体質を持つ日本人が人類滅亡の危機を救う最も最先端に居る。」という認識が語られた。
これはいったいどういう事だろうか?

私たち日本人の中には平均して12%の縄文人のDNAが残っているという。~リンク
このわずか12%、されど12%もの縄文人の素養、素質が知らないうちに私たちの最も深いところで意識を作りこんでいる。

縄文体質とは何か、さっそく固定したくなった。
しかし、待てよと。これまでこの縄文ブログで散々投稿してきた内容が縄文体質ではないか?あるいはそんな深いものを一言で言ってしまえるのだろうか。言ってしまってよいのだろうか?

ただ、今回のこのシリーズではできるだけコンパクトにこの縄文体質を言い表したい。
6のキーワードを設定する。
“自然”・“職人気質”・“仲間意識”・
“はたらく”・“性”・“信仰”

できれば最後には図解のようなもので体系化を試みたい。
第1回は自然から始めたい。

今週9月4日の台風21号で25年ぶりの大風が列島を襲った。さらに大阪に限定すればおそらくここ100年にない極めて凶暴な暴風だった。車を持ち上げ、建物を破壊していく。我々はどうしたか、吹き飛ばされる恐怖を感じながらも自然の凄まじい力に只、唖然とするばかりだった。まさに自然への畏怖の念が沸き起こった。

今年は災害の当たり年で6月18日に大阪で深度6強の地震を経験し、その後も西日本豪雨、さらに今日の北海道地震とわずか2ヶ月の間に大きな自然災害を4つも経験している。いったい日本はどうなってしまうのだろうか?
しかし、この自然への恐怖、畏怖の念、そして台風が去った後の穏やかさを与える自然への感謝の念。自然には決して抗えない、生かされている意識、それらが我々日本人(かつては縄文人)の心に刻み込まれてきた

3つの投稿を紹介。最後は西洋の近代科学の自然観で、対比しています。 (さらに…)

投稿者 tanog : 2018年09月06日