- 縄文と古代文明を探求しよう! - http://web.joumon.jp.net/blog -

人類の誕生から日本人の出生を見る~日本人には3つの旧人の遺伝子が入っている。

Posted By tanog On 2019年7月11日 @ 9:08 PM In ⅩⅠエトセトラ(その他諸々) | No Comments

ハーバード大学の日本人論という著書の中で日本人の起源や縄文人について記載がなされています。ハーバードでも日本人の特殊性においてその歴史を見る中で研究しており、現時点では「よくわかっていない」という結論に至っています。最新の人類拡散の研究結果を踏まえて日本人も俯瞰しており、東アジア人の特徴から外れた日本人の由来は研究対象となっています。以下、著書の中から紹介します。ハーバード大学教授のディビッド・ライヒ博士(遺伝学専門で古代DNA分析の世界的パイオニア)です。

人類の誕生から日本人の出生を見る~日本人の特徴はデニソワ人由来の遺伝子~3種の旧人の影響を受けている

アフリカから人類が最初に拡散したのは、今から180万年前。これが1回目の「出アフリカ」です。そのグループは少なくとも170万年前までには東アジアに到達していた事が判明しています。中国の雲南省の遺跡から出土した歯を分析したところ、およそ170万年前のホモ・エレクトス(原人)のものである事がわかりました。
180万年前にアフリカを出たホモ・エレクトスはその後、世界各地でネアンデルタール人、デニソワ人、その他の旧人類へと進化していきます。そして30万年前頃になると、その一部が一度アフリカに戻るのです。これは最近の調査でわかった事です。
アフリカに戻ったグループは、そこでホモ・サピエンス・サピエンス、つまり現世人類に進化します。そしてこの現世人類が再び6万年前にアフリカの外に拡散するのです。

これが2回目の「出アフリカ」です。この集団はアフリカから、中東、ヨーロッパ、アジアへの拡散していきました。 アフリカを出た現世人類が東アジアに到達したのは5万年前です。北京の近郊の周口店の田園洞内からは、4万年前の骨が見つかっていますが、その骨を分析した結果、「田園洞人」は現在の東アジア人とほぼ同じ容姿をしていたと推定されています。
この2回目の「出アフリカ」で現生人類が拡散すると先住民であった旧人類はほぼ絶滅してしまいました。東アジアだけではなく、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアの人々は皆、6万年前にアフリカを出た現世人類の子孫なのです。

実はDNAの全てがホモ・サピエンス・サピエンスではありません。アフリカを出て東へと拡散していく過程で、旧人類と交雑していたのです。その為東アジア人のDNAにもその名残が見られます。ホモ・サピエンス・サピエンスはアフリカを出てから、現在のヨルダンやイスラエルのあたりで、ネアンデルタール人に出会い、交雑しています。この交雑は5万4000年前から4万9000年前まで続きました。このときの影響が現在の東アジア人のDNAにも見られ、1.5~2.0%のDNAをネアンデルタール人から受け継いでいると推定されています

ネアンデルタール人と交雑した集団は、東に進む課程でデニソワ人にも出会います。デニソワ人とは、ロシアのアルタイ地方のデニソワ洞窟で見つかった旧人類で47万年前~38万年前から4万年前ぐらいまで生存していたと見られています。さらにオーストラリア、ニューギニア、南アジアへと拡散した集団は、アウストラロ・デニソワ人に出会い、交雑しました。アウストラロ・デニソワ人はデニソワ人の一種で40万年前~28万年前にデニソワ人から分離したと考えられています。最新の論文によれば、北東アジアに向った集団の中にはアウストラロ・デニソワ人に出会った後にシベリアのデニソワ人に遭遇した集団もいたとのことです。東アジア人のDNAを分析してみると0.5%がデニソワ人とアウストラロ・デニソワ人由来である事がわかっています。人類の歴史の中には旧人類であるネアンデルタール人、デニソワ人、アウストラロ・デニソワ人と現生人類が共存していた時期があったのです。

日本人のDNAの98%はホモ・サピエンス・サピエンス、2%は旧人由来です。私の推定では、2%のうち、1.5%がネアンデルタール人由来、0.33%がアウストラロ・デニソワ人、0.17%がデニソワ人由来です。一般的にネアンデルタール人のDNAの割合はユーラシアの東に行くほど大きくなっていくのですが、日本人のDNAはほかの東アジア人と比べるとネアンデルタール人由来のDNAが比較的少なめなのが特徴です。この差異の要因はわかりませんが、興味深い結果だと思います。ph_thubm [1]

リンク [2]より借用しました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遺伝子分析が日本人の特徴にどうかかわっているか興味深いですが、割合はわずかながら、3種類の旧人のDNAを備えているというのが特徴として上げられるのかもしれません。日本人はどこから来たのか~世界的な遺伝子研究の追求テーマになっています。


Article printed from 縄文と古代文明を探求しよう!: http://web.joumon.jp.net/blog

URL to article: http://web.joumon.jp.net/blog/2019/07/3509.html

URLs in this post:

[1] Image: http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/2019/07/ph_thubm.jpg

[2] リンク: https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041500228/?SS=imgview&FD=-1092025864

Copyright © 2014 縄文と古代文明を探求しよう!. All rights reserved.