- 縄文と古代文明を探求しよう! - http://web.joumon.jp.net/blog -

【チーム・宗教】の課題☆

Posted By mituko On 2008年11月27日 @ 11:58 PM In Ⅵメソポタミア文明 | 3 Comments

みなさん、こんばんは~
私たちチームは、気候、戦争、宗教、婚姻、交易、文字etcのテーマにわたってメソポタミア文明を追求してきました。
このあたりで、ちょっと立ち止まってみたいと思います。
どのように歴史を追求したらいいだろう?なんで歴史を解明するの?⇒今まさに求められているから! [1]
以前、さーねさんが記してくださっていました

歴史認識があれば、現代社会に渦巻く様々な問題や可能性に気付ける
点の歴史観から、線の歴史観へ [2]
>社会(意識)や、その積み重ねである歴史も、一つに繋がった「線」の状態こそが本来だと思います。実現論も『縄張り闘争、性闘争』→『私権闘争』という一つの一貫した線で繋がっていて、更にその原基構造として、個体の、集団の、あるいは種としての『可能性収束』→『統合』 という根底的で、一貫した「動的」な線のイメージがあります。一貫したものだからこそ過去と現在が繋がり、「昔と今は状況が違うから」のような安易な批判等ではびくともしない。都合の悪い部分を取り除く様な事をせずに現実を現実として直視するからこそ、現実の問題にも役立つ。
各々の時代を超えて、一貫した構造がある。これだけでも僕は面白いと感じました。単に、支配者が移り変わる表面的な歴史ではなく、その背後にある構造そのものが見え、それが現代の問題にも繋がったりする。だから、現実の問題にも役に立つ

私権制度がほとんど出揃ったメソポタミアを一定扱った今、現代的な「なんでだろう?」から、再度アプローチしてみたいと思います
大きく、【チーム・宗教】と【チーム・ユダヤ】に分かれていきます
今日は、【チーム・宗教】の大きな課題設定を紹介します。
————————————————————
●問題意識●
現在イスラム圏でテロ や戦争 が絶えないのはなんでだろう
それにはそこに住む民族の経てきた歴史的背景と深いかかわりがあるはず。
1.アフガニスタンが、特に注目される(?)
  まずはそこをとっかかりに現代的問題を押さえてみる。
  イスラム教内の争いの構造が見えてくるか?
2.イスラム教はどのように、浸透(拡大)したのか?
  ・戒律が厳しいのはなんで?
  ・中東諸国はイスラム化することで国家として安定してきたって本当?
  ・イスラム教徒は税金免除? 政治的手法で信者を増やした?
3.国家統合と宗教の関わりを明らかにする!!
 (~現在の世界情勢も見えてくるかも?!~)
————————————————————
期待をこめて、応援をお願いします
Blog Ranking [3]
にほんブログ村 歴史ブログへ [4]
ありがとうございます


Article printed from 縄文と古代文明を探求しよう!: http://web.joumon.jp.net/blog

URL to article: http://web.joumon.jp.net/blog/2008/11/650.html

URLs in this post:

[1] どのように歴史を追求したらいいだろう?なんで歴史を解明するの?⇒今まさに求められているから!: http://blog.kodai-bunmei.net/blog/2007/08/000293.html

[2] 点の歴史観から、線の歴史観へ: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=48733

[3] Image: http://blog.with2.net/link.php?538666

[4] Image: http://history.blogmura.com/in/023841.html

Copyright © 2014 縄文と古代文明を探求しよう!. All rights reserved.