- 縄文と古代文明を探求しよう! - http://web.joumon.jp.net/blog -

国を統一して譲ったヒーロー、大国主命とは?

Posted By bunchan On 2007年6月12日 @ 11:37 PM In 弥生ー律令時代の国造り | 9 Comments

%E5%A4%A7%E5%9B%BD%E4%B8%BB%E5%91%BD%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E.jpg「ささらえ」l [1]さんより画像をお借りしました。
こんばんは!bunchanです。 
「古事記の世界」 [2] さんを参考に、古事記の中では、「国をつくって国を譲った男」として描かれている「大国主命オオクニヌシノミコト」について紹介してみたいと思います。(「古事記の世界」 [2] さんより、要約・引用させてもらっています)

1.兄弟から追われる
大国主命はスサノオ七世孫として誕生しました。
大穴牟遅神(オオアナムジノカミ)これが若かりし頃の大国主神の名前でしたが、稲羽に八上比売ヤカミヒメという大変ミメ麗しい媛がいました。
大穴牟遅神の兄弟達は皆、我こそは八上比売を妻に!という思いを胸の内に秘め、揃って稲羽へ出掛けることに。大穴牟遅神に袋を背負わせ、従者として連れて行ったのですが・・・。(途中、因幡の白兎を助ける)
八上比売ヤカミヒメが「あなた方の言うことは聞きません。大穴牟遅神と結婚致します」といったばかりに、大穴牟遅神(オオアナムジノカミ)は兄弟から何度も殺害計画をたてえられ、生き返らされたり逃げたりの連続でした。最後には須佐之男命(スサノオノミコト)のいる根之堅州国ネノカタスクニへ行くことに。

・・・・続く
ぽちっと押して続きをお楽しみください
Blog Ranking [3] にほんブログ村 歴史ブログへ [4]

2.スサノオの娘と結婚
根之堅州国ネノカタスクニへ着いて早々、須勢理毘売スセリビメと電撃結婚。
須勢理毘売スセリビメは、スサノオの娘でした。スセリビメが父親のスサノオに紹介したところ。。。
蛇責め・百足・蜂責め・火責め と数々の試練を課します・・・が、須勢理毘売の授けた蛇の比礼ヒレや百足と蜂の比礼、ねずみの助言などに助けられ、次々と試練をクリア。
大穴牟遅神は須佐之男命が寝入ったのを確かめると、須佐之男命の長い髪を手にとって、その部屋の柱ごとに結び付けた。そして、五百人がかりでようやく動かせるぐらいの巨大な岩で部屋の入口を塞いで、須勢理毘売と一緒に須佐之男命秘蔵の生太刀・生弓矢・天の沼琴ヌコトを抱えて逃げ出します。
追いかけたスサノオノミコトは、追いつかないと知ると、
「葦原色許男命(大国主命のこと)よ、その生太刀・生弓矢でお前の腹違いの兄弟達を坂の裾に追い伏せよ。川の瀬に追い払え。そして自身は大国主神となり、また宇都志国玉神ウツシクニタマノカミとなって、我が娘須勢理毘売を正妻とし、宇迦の山のふもとで、大きな磐の上に宮柱を太く立て、高天原に千木を高くそびえさせて住むがよい。よいかっ、葦原中国の支配者となるのだぞ!」(つまり許したってこと?)その言葉どおり、オオクニヌシノミコトは葦原中国の支配者となりました。
3.高志国コシノクニの沼河比売ヌナカワヒメと結婚
須勢理毘売は嫉妬!でも仲直り。
4.少名毘古那神スクナビコナノカミと国づくり
5.国譲り
高天原の神々の筆頭である天照大御神は、自分たちの後継者(天津神の御子)が地上を統治するべき!といろいろな神を派遣しますがすぐに逃げ帰ったりいったまま(居ついて)かえって来なかったりとなかなか上手くいかなかったのですが、とうとう、建御雷之男神タケミカズチノオノカミに国を譲って大国主命は出雲大社に隠棲することに。

ワイルドで波乱万丈で、この話の意味するところは何????と思ってしまうのですが。。。
高天原タカマノハラ/タカアマノハラ …神々(天津神)の住む天界。
葦原中国アシハラノナカツクニ …地上世界。
まず、国つくりというのは、地上世界でのことです。
大国主命は、地上世界の国つくりをして、最尾には、天界の神々に国を譲ったという物語です。やさしく謙虚で女の人にモテる色男、数々の試練にあいながら、いろんな人が助けをさしのべるヒーローという感じです。譲るというのは穏やかな表現ですが、実際は天照大御神アマテラスオオミカミにその統治権の正当性を主張されたがなかなかこれに屈しなかった。でも最後には侵略されてしまった・・・ということなのではないでしょうか。


Article printed from 縄文と古代文明を探求しよう!: http://web.joumon.jp.net/blog

URL to article: http://web.joumon.jp.net/blog/2007/06/239.html

URLs in this post:

[1] 「ささらえ」l: http://www.geocities.jp/sen_2jp/index.html

[2] 「古事記の世界」: http://homepage1.nifty.com/Nanairo-7756/

[3] Image: http://blog.with2.net/link.php?163891

[4] Image: http://history.blogmura.com/in/023841.html

Copyright © 2014 縄文と古代文明を探求しよう!. All rights reserved.